FC2ブログ

先折り鍵積み初中級者の持論 ③緊急発火! 2色折り!

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画ののような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。

序盤で2色に偏る場合、その2色で折り返すと強いです。

puyo3-1 puyo3-2

この配色はデメリットが薄い上、緊急発火性能が高いです。
下左図のように、相手の潰しに対して緑から緊急発火ができます。
また、下右図のように2列程度ならおじゃまにも耐えられます(赤発火)。

puyo3-3 puyo3-4

赤・緑の2色で発火できる安心感があるため、この間に連鎖尾・第二折を組むと強いのかもしれないです。
第二折が完成すれば、合体によって火力が上げられますし、第二折を副砲利用できるでしょう。
私は、……折り返し2ダブに移行させてしまいますので、その辺は熱く語れないのですが。
(連鎖尾はともかく、第二折はいまだ研究中の身なので、ご了承下さいませ)

puyo3-5 puyo3-6

あとは、ツモによっては多重折り返しにできます。
2色による折り返しなので、赤・緑を入れまくれば折り返しになったりします。
下左図はその1例です。この折り返し部分なのですが、下左図の状態からツモによって選択できるようになっています。

puyo3-7 puyo3-8

下左図はカウンターになっています。
下右図のように、1段掘る形を考えれば5段おじゃまぷよを受けられます。
(このカウンター形はだいたいアドリブで作るので、いつも5段うけられるわけではありません)

puyo3-9 puyo3-10

さて、緊急発火性が主なメリットの2色折りですが、ツモによっては折り返しに時間がかかるため、折り返しの色にこだわらない方が良いときもあります。
気をつけましょう。

puyo3-11

次回は土台からの副砲についての持論を予定しています。
今回の内容から、あまり中身が膨らまなかったので、だんだん中身が薄れていくかもしれません。
ご了承ください。

先折り鍵積み初中級者の持論 ②必殺! 鍵ダム!

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画ののような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。



鍵積みの折り返しで横3を作ると、ダム積みを作ることができます。

puyo2-1 puyo2-2

この形は3種の戦法を取ることができるため、私はこの形を「鍵ダム」と称し、必殺技として重宝しています。
※必殺技と言っても、好んでいるだけで、必ず殺せるではないので、あらかじめご了承下さい。


<戦法① 2トリによる潰し>
ダム積みといえばやはり『潰し』! 相手の隙を見て、これで勝負を、決めましょう!
画像のように消せば、赤玉に加え1列、相手に降らせることができます!
しかも、形の性質上ダムの上にゴミぷよを置けない(置くと本線につながらない)ため、大抵クイックになります。

puyo2-3 puyo2-4

<戦法② 伸ばして本線>
ダム積みである以上、非常に威圧的なゼロ連鎖催促です。本線を打ってくる相手もいます。
しかし、画像のようにダム積みの上にぷよを3つ置くだけで、10連鎖の本線となります!
本線ぶっ放して、相手を返り討ちにしましょう!

puyo2-5 puyo2-6

<戦法③ より凶悪な2マルチへと進化>
ツモと土台により可能となる戦法ですが、2クアドラプルや2クインティプルが打てます。
相手の本線など気にする必要はありません! 想いのままに潰しにいきましょう!
※6連鎖以上を打たれると負けますが、割と勝てますし、なによりすごく楽しい戦法です!

puyo2-7 puyo2-8

<メリット>
したがって、鍵ダムには以下のメリットがあります。
①相手に隙が生まれたら、2トリでいつでも刺せる。
②分かりやすい2トリであるため、相手から凝視されやすく、ゼロ連鎖催促となる。
③キーぷよを3個入れるだけで本線となるため、相手が7連鎖以上を打ってきた時でも安心
④別で副砲を撃ち、刺さった時にこれを構えておけば、素早い追い討ち2トリが打てる。
⑤2トリを打とうとする場合、大抵クイックになる。
⑥2クアや2クイが打てる。


メリット①~⑤は折り返し2ダブと同じメリットです。また、メリット①、⑤は戦法①、メリット③は戦法②、メリット⑥は戦法③のことです。


<デメリット>
メリットを見ると折り返し2ダブの上位互換であるかのように見えますが、デメリットも折り返し2ダブ以上のものになっています。
①折り返しと土台半分が消えるため、催促としての性能は弱い。
②5連鎖やそれに準ずる火力の副砲を打たれた場合、キーぷよを入れるのに間に合わず死ぬ。
③構築に時間がかかる上、構築中は完全なる無防備。
④折り返しの形がほぼ固定化される。


デメリット①についてですが、鍵ダムで2トリを打った後の土台を見てみましょう。
これが、中盤の形ですかね? ……本線打たれたら、どうしようもないですね。
オイオイオイ。死ぬわアイツ。

puyo2-9

デメリット②についてですが、キーぷよが折り返し2ダブ以上に抜けています。
潰し火力も赤玉1個ちょいなので、5連鎖打たれたら2トリを打とうが打たなかろうが負けます。
デメリット③についてですが、これとデメリット①があるせいで、上級者鍵積みぷよらーはこの戦法を使いたがらない傾向にあります。
上級者の戦法は、中盤(催促)・安定性・後打ちに強みがあります。
それに対し、鍵ダムは中盤戦無視した潰し・潰しミスると詰む不安定性・2トリ後の後打ちが弱い、といった感じです。
上級者の鍵積みぷよらーは、たいていこの鍵ダムの類似系を通るものの、連鎖尾・第二折りを使った催促に落ち着く傾向があります。(または、飛車スペシャル等の速攻)
デメリット④については、折り返し2ダブと同様なので割愛します。


<おわりに>
鍵ダムには無視できないデメリットはあれど、強力なメリットもあるので、しばらくは多用していこうと思います。
定型として非常に分かりやすい形なので、初中級者向けの形として非常に優秀だと思います。
まだ持論ネタはあるので、もし興味があれば次回もご覧あれ!

先折り鍵積み初中級者の持論 ①折り返し2ダブの優位性

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画ののような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。上級者からすればお察しの持論です。あらかじめご了承ください。文句のある上級者は、各自のブログ等で反論を行ってください。そうすることで上級者の鍵積み持論・考察を増やすことが私の狙いです。


鍵積みの折り返しで配色を考えると、2ダブを作ることができます。

puyo1-1puyo1-2

この形には多くのメリットがあるので、私はいつも多用しています。
①相手に隙が生まれたら、2ダブでいつでも刺せる。
②分かりやすい2ダブであるため、作りやすい。
③分かりやすい2ダブであるため、相手から凝視されやすく、ゼロ連鎖催促となる。
④キーぷよを2個入れるだけで本線となるため、相手が6連鎖以上を打ってきた時でも安心
⑤別で副砲を撃ち、刺さった時にこれを構えておけば、素早い追い討ち2ダブが打てる。
⑥大抵クイックになる。


メリット①、③、④については説明不要かと思うので、メリット②、⑤、⑥について説明します。
②のつくりやすさについてですが、こちらは折り返し2ダブの作り方で補足とさせていただきます。
まず、2列目の鍵積みを下左図のような形にしておきます。
続いて、下右図のように折り返しを構築していきます。
あとは、赤ぷよの下にある2色が同時に消えるように、ぷよを置けば完成です。

puyo1-3puyo1-4
puyo1-5

仮に下左図のように2ダブを作っても、下右図のように伸ばせば緊急発火点を設けられるので、伸ばし面での問題はありません。

puyo1-6puyo1-7

また、⑤のメリット(追い討ちで2ダブが打てること)についてですが、鍵積みは土台のL字で下図のように副砲(催促)が打てます。

puyo1-8puyo1-9

その副砲で相手の本線が埋まれば、折り返し2ダブで追い討ちです。


なお、この折り返し2ダブは大抵クイックになります(メリット⑥)。
下手なぷよを置くと鍵積みの折り返しにならないので、この2ダブを形成するときは半自動的にクイックになるのです。
そのため、追い討ちや潰し面で非常に強力です。
特に、ぷよクロだとクイックの速さは尋常じゃないため、私はこれを潰しとして多用しています。


ただ、デメリットも多いのが、この折り返し2ダブの特徴でもあります。
①折り返しと土台とが消えるため、催促としての性能は弱い。(潰しとしてしか利用できない)
②4連鎖やそれに準ずる火力の副砲を打たれた場合、キーぷよを入れるのに間に合わず死ぬ。
③構築中に隙が生まれる。
④折り返しの形がほぼ固定化される。
⑤潰しきれなかった場合、対処法が無く死ぬしかない。


デメリット①、⑤ですが、2ダブとして使うと残しは下図のような形になります。
ここから折り返しと2列目を作るのです。本線を打たれたら不定形で頑張って伸ばすしかありません。催促としての性能は弱いです。

puyo1-10

デメリット②ですが、所詮おじゃま2列分降らせる程度の威力しか、この2ダブにはありません。
なので、4連鎖や大き目の3連鎖を打たれると、この2ダブでは対応しきれません。
キーぷよを入れるにしても、4連鎖を打たれたらキーぷよ2個を引いた後、発火色を引く必要があります。


デメリット③は説明不要(使えば分かる)として、デメリット④ですが、下図のような形を取ることができません。(少なくとも、今回提示した折り返し2ダブの形が作れません)
多用すると、折り返しのバリエーションを減らすことにつながりますので、ご注意下さい。

puyo1-11puyo1-12
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR