FC2ブログ

祝☆プログラム4000行達成!

 かなり前にすでに達成していました。更新が遅れてしまいましたが、持病のせいなので許してください。
 ……え? 許さない? いやぁ、どうかその辺を考慮していただけませんか?
 ……え? 考慮しない? いやぁ、どうかその辺を考慮していただけませんか?

***** 以後、無限ループにおちいる ******

 というわけで、五月病のケーケーです。五月に近づいてきたので、症状が徐々に悪化しています。包み隠さず申しますと、全然更新をしなかったのは、更新が面倒くさかったからです。後悔はしている、反省はしていなくもない。
 ただ、ここ最近でいろいろなことがあって、ここですべて語ってしまうと長くなります。なので、2,3日に分けてここ最近の記事を書こうと思っています。
 早い話が、明日も更新するんで、更新が遅れたのを許してくれませんか?

(※「はい」を選択するまで無限ループ。以後、不憫にも「はい」を選択してしまった場合の分岐ルートを示す)
 実は、今のプログラムのままでは、いくつか問題があるんです。(「ここ最近」あった「いろいろなこと」のほとんどが、プログラムに関すること)
 まず一つ目は、BGMの無限ループができないということ。なかなかできなかったために、とある検索サイトでググったところ(どこで検索したのかバレていないことを祈るケーケー)、自分が使っているデバイス(MCI)の欠点のところに、

 ループ再生ができない

と書いてあったというorz
 そのあと、いろいろ調べた結果、こうすれば、このデバイス(MCI)でもループ再生ができるという情報をGETしたました。さっそくやってみましたが、……やはり、先日調べたあの欠点は、事実だったようです。
 次に、二つ目ですが、すでに結構長くなってるので、今日はこの辺で切り上げます。ではまた。

(※「いいえ」を選んだ場合)
 そんなこと言わないで、許してくださいよ?(再び分岐前に戻る)

祝☆プログラム3000行達成!

 はい、ついに越えちゃいました、3000行ww
 一般的なプログラミングでは、かなり少ないほうだと思いますが、僕はまだ未熟なので、3000行がかなり多く思えます。
 ただ……、実際もっと短くできるはずなんですよね。
 とはいえ、あんまり短さにこだわると、いつまでたってもRPGが完成しないなんてことになりかねないんで、こんなもんでいいんじゃないかと思ってますけどねww
 もちろん、機能にはこだわりますよ! 量が多くなっても、うまいこと動作するようなプログラムを作ってます!


 え? あとどのくらいでバトルのプログラムが完成するかって?
 実際、あと残っている処理は19個のうちたった2個なんですよねww アハハハハww
 と笑えないぐらい大変な処理が2個残っているわけです!
 残っている処理で大変なのは、主に6つの関数なんですけど、その関数の処理は、
 ①単体対象の魔法すべての処理
 ②全体対象の魔法すべての処理
 ③単体対象の特技の処理
 ④全体対象の特技の処理
 ⑤単体対象のアイテムの処理
 ⑥全体対象のアイテムの処理
 ですねww (これを聞いて分らない人もいると思いますが、要するに、①と②でドラクエのメラとかイオナズンとかのすべての呪文を作るってことです。……そう言っても分らないという方は、とりあえず僕にとって作るのが難しい関数だということだけ理解してください)
 まあ、あくまで僕にとって難しいというだけですけどね。これが完成したら、4000行は行く気がする……

 というわけで、バトルのサンプルプログラムの完成までもうちょっとかかりそうです。ではまた。


(「笑えないぐらい」というのは、いいすぎた気も……)

祝☆プログラム2000行達成!

 一か月ぶり、ケーケーです。
 1月のはじめまでは忙しすぎて(※こっちに時間を割いたら、モンハンがあまりできなくなるぐらい忙しかったため)更新をやめてましたが、それからは持病のせいです。一月は『正月病』があるのでノシ
 それでもって、正月病はしばし続きます。こっちの更新と同時に、プログラミングもサボってたので、そっちもなんとかしないといけません(※僕はKOKOの言いだしっぺなので、あまりサボるとまずい気が……)
 さて、それではいくつかの話題について話していきます。まずは、この記事のタイトルですが……、はい、そうなんです。僕、今まで1000行程度のプログラムしか作ったことなくて、今回が初めてなのです、2000行。
 別に、バトルのプログラムができたってわけじゃなく、純粋に2000行いけたことが、うれしかったり悲しかったり……(バトルのプログラムでは、3000行を想定していたのに、序盤ですでに2000行とか……、このままでは5000行は行く気がするorz)
 続いて、……はい、買いました。3rd楽しんでます。最近は、武器を作るのに夢中で、キークエストにはあまり挑戦していません。HRは5です。上位の武器や防具が手に入ったことで、村クエで過去に苦戦したモンスターをフルボッコできるというのが楽しくて楽しくて! (※武器の素材を手に入れるためです)
 ということで、小説の更新は当分お休みします。ではまた。

ようやく進展した、プログラミング

 さーて、ようやくバトルの画面を表示するだけのプログラムが完成しました!!
 え? バトルじゃないのかって? 僕はまだ初心者なので、一気にそこまで進展させずに、慎重に行きたいんです。
 では、久しぶりに進行状況を報告しておきたいと思います。
 まずは僕ですが、プログラムに関しては、『移動だけ』と、『バトル画面だけ』の二つしかできてません。まあ、この二つを作るための実験用のプログラムを数多く作ってはいますが……
 また、僕はマップチップの担当にもなったんで、それも同時進行してます。(本当は後回しにしたかったんですが、TOHOいわく、バトルのプログラムより重要らしいんで)
ビットマップ
 一応、この4つを作りましたが、まあ、難しいですねえwwww

 んじゃ、次はTOHOさんの活動について。
 一応脚本で、6つ目のダンジョンまでのをもらってます。もう7つ目まで作ってあるんじゃないでしょうか。
 卍幽さんは、もうすでに40体の敵キャラの原案を見せてもらってます。やはり、得意分野だと、皆作業が速いですねえ。

 とりあえず次は、バトルのプログラムを作りたいとおもいます。やっとここまで来たか、という感じです。
 では今日はこの辺で、また次回。

 え? justice? 彼はいろいろとがんばってるんだよ!!

この前の会合の続き

K「明日会合があるのに、今更先週の会合の内容を伝えようとしているケーケーと……」
J「まったく更新される気配がない小説『キュリアと謙次』の地の文担当、J・イノブンです。どうもおねがいします」
K「そんで、前回の会合の内容には続きがあるわけですよ」
J「明日が次回の会合なのにか? しかもカラオケ付き」
K「そのとおり!! 明日は歌いまくるぜ!! おぉ!!」
J「で、話を戻して、前回の内容の続きとは一体?」
K「そーそー、この前、TOHOが欠席で、それなのにTOHOの書いたプロットをほか三人で読んだわけですが……」
J「ん? それで? ……おーい、反応しろよ、おーい」
K「……長い」
J「へ?」
K「とてつもなく長いプロットだった。僕がこのプロットを一人で読もうとしなかったのは、プロットの文章量が長かったためなのだ。これではRPGが完成するのはいつになるやら」
J「へえ、……ってチョイ待て」
K「ん?」
J「それってさ、お前がプロットを読む前にすでに長すぎるとわかってたんだろ? じゃあそれもらったときにTOHさんに文句言っとけばよかったのに」
K「いや、そのときは脚本が来てなくて、そして脚本とプロットを比較したとき、作ろうとしているRPGの会話イベントの量の多さにようやく気付かされたのです。……ちなみに、脚本は読んだけど、もらった時はRPGが長くなることに気付けなかった俺自重wwww」
J「マジ自重しろwwww」
K「それで、Skypeを利用して、TOHOに連絡を取ったんだ」
ケーケー「おーい、この量だとマジ、4年ぐらいかかるぞwwww」
TOHO「じゃあ、体験版ができてから、あとはイベント類、僕が担当するよ」
ケーケー「でも時間がかかるだろう」
TOHO「いんや、4か月あれば十分」
J「TOHOさん自重wwww」
K「いや、奴の作業量なら、本当に4カ月でできるかもしれない。僕は小説を一話更新するのに1カ月かかるが……」
J「そんだけかかってできてないだろwwww」
K「奴は、一か月あればノート一冊分更新してるというほどの作業量なのだ。こいつなら本当に4カ月で完成するかもしれない」
J「ということで、お願いしたわけだ」
K「んだ」
J「ところで、体験版というのは?」
K「ああ、そうそう。僕らが制作にどのくらいかかるか、そしてこのプログラムでゲームが動くかを確認するための『体験版』です。ダンジョンは4つ」
J「で、完成版のダンジョンの数は?」
K「21個wwww」
J「となると、残りの17個を4カ月で作るわけだ、TOHOさんはwwww」
K「そのとおりwwww」
J「そういえば今更だが、TOHOさんの名前の由来って、かの有名な同人STGからきてる?」
K「んにゃ、違うらしい。本人がいうには、TO砲というチームが元ネタらしい。正直、僕はうろ覚えですが」
J「そーなのかー」
K「逆に僕が好きですね、『東方』は。けっこうやりこんだからなあ」
J「……さて、このままだとこの人、東方の話をしやがるかもしれないので、そろそろこの記事を終え……」
K「待て、勝手に終わらせるな!!」
J「え? まだ前回の会合でなにか言うことがあった?」
K「No,I don't」
J「じゃあ終了で」
K「おーい!! ふざけるなー!! 東方の話をさせろー!!」
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR