FC2ブログ

人生の半分以上を共に過ごした愛犬が逝ってしまった件

※フィクションではありません。
※オチはありません。
※悲しい話です。


 私の愛犬。
 あいつは、16年くらい前のある日、幼少期の私の家にやってきた。
 親が購入を検討していた犬で、親は以前から愛犬の名前を考えていた。私は前々から『シャープ』と呼んでやろうと決心していたのだが、
「犬が自分の名前を覚えられなくて混乱するからやめなさい」
と親に怒られてやめた。
 私は前々から新しい犬を飼ってみたく(※この1年前に別の飼い犬が死んでいるが、それでも別の犬を飼ってみたく)、新しくやってきたそいつに興味があった。
 ……だが、実際はどうだ? あいつがやってきてからというもの、寝てると顔を舐めて邪魔してくるし、散歩に行く必要があるからゲームをやる時間は少なくなる。郵便・宅急便が家の前に来ると狂ったかのように吠え、よく物を散らかす。
 謎だったのは、あいつ自身すごい臆病なのに、なぜか郵便屋と宅急便屋には立ち向かっていくんだよな。実に不思議だ。
 ……まぁ、そんなあいつも、ついに居なくなってしまった。だから、これでリビングで寝ても邪魔されないし、ゲーム中に散歩に呼び出されることもない。『ワン! ワン!』という騒音は聞こえなくなり、リビングも散らからなくなる。
 特に重要なのはゲームだ! 4ヶ月ほど前に松戸のぷよぷよ対戦会に行って以来、ぷよぷよのモチベがとても高まったし、最近だとスプラトゥーン2を買ったから、それがやりたくてしかたなか『った』。
 でも、……なぜか今は遊ぶ気が起きないんだよ! それどころじゃないんだ!!
 ……あいつの様子がおかしくなったのは、つい昨日(7/30)のことだ。朝起きたら、いつも家中を歩き回っているあいつが、なぜかリビングの隣室でぐったりとしていた。
「朝から調子を崩してて、……でも、だんだん体調が良くなっているみたい」
 親はそう言っていた。昨日は私も暑さにやられたせいか、体調が良くなかった。
(熱中症のようなもので、そのうちよくなるのかな)
 その時はそう思っていた。
 ところが、だ。リビングでくつろいでいると、突然あいつは立ったまま硬直した。
 私は、特に理由も無くただ止まっているだけだと思っていた。……だが、あいつは動かなかったのではなく、動けなかったのだ。
 様子がおかしいので、しばらく親があいつをひざの上に乗せ、休ませた。しばらくして、あいつは立ち上がり歩き出そうとするが、足がもたついていつ倒れてもおかしくない状態になっていた。
 その時、もうあいつは先が長くないのだろうと、……悟ってしまった。
 夕食後、寝付いているはずのあいつの様子を見に行った。扉を開ける手前で、ペタペタと音が聞こえた。少し期待しながら扉を開いたが、そこで目にしたのは無理をしてふらふらの状態で歩みを進める愛犬の姿だった。
 私は見ていられず、あいつを抱き、ひざの上に寝かした。
 だが、あいつは自分の今の状態を認めたくないようで、また歩みを始める。いつもなら難なくくぐりぬけるテーブルとイスのアスレチック。そこに、あいつは方向感覚も怪しいまま、ふらふらと入っていったのだった。
 ぐらついた足で、頭を角にぶつけそうになりながら、あいつは長い時間を掛けてアスレチックを抜け出した。横からは抜け出せない構造になっており、結果として無事に抜けられたにしろ、本来であれば私はテーブルの下に行く前に止めるべきだったのだろう。
 そして翌日、つまり今日(7/31)。夜遅くに帰宅した私は、愛犬のさらなる症状の悪化を聞いて、リビングへと向かった。
 息は荒く、目は半開きのまま見開くことも閉じることもない。そんな状態だった。
 その場では軽く語りかけ、夕食を食べるために別室に行った。
 なかなか食が進まなかった。夜遅くのメシ、大好きな肉じゃが。いつもであれば食が進まないはずはないのに、箸は進まなかった。
 ふと、父親が母親を呼んだ。風呂のため、呼び声は届かなかったものの、嫌な予感がしたので食器を洗い終わり次第、私もあいつの元に向かおうと思った。
 最後の食器を洗おうとした、その時、今後は私を呼ぶ親の声がした。
 ……私は、少し後悔した。
 再度、愛犬が逝くところを看取れなかったのだから。
 あと5分。……それだけ待っていてくれれば、私も向かったのに……。
 分かる由もなかった。気づけるところがあるとしたら、『嫌な予感がした』くらいだった。
 ……さて、死後に声を掛け、最後の『世話』を手伝ってきたわけだが、『頑張ったね』とか『人生の半分以上を、お前と過ごしたんだな』くらいしか私は言わなかった。
 それもそうだ。あいつには感謝はされど、こちらからするような恩は受けていないからな。
 ……でも、あえてここに書き記させて、終わりとしよう。
 『ウチに来てくれて、ありがとう……○○○』

ケーケー「この2日間、ラーメンしか食べてねぇ」
イノブン「よぉデブ!」


<前回のあらすじ>
・予知能力に操られている謙次と、フェニックスとのバトルが開始されました。
・フェニックスの先制攻撃は失敗に終わりました。
・2人のバトルは、ミカエル・テルモト・アルラウネが張った絶対に破れないバリアーの中で行われています。


<本編>
 フェニックスと謙次は、互いに空中で相手の様子を伺いつつも、一向に動こうとしませんでした。
(……どうする? さっきは先制攻撃に失敗したが、また先制を取れるチャンスではある。……だけど、並みの攻撃ではさっきみたいに謙次の反撃を喰らうのみ。一気に攻め掛けるにも、今謙次の危機感を煽ると予知能力で強化される危険性もあるし、……悩むなぁ)
 フェニックスは考えをまとめられずにいました。
 『今謙次の危機感を煽ると予知能力で強化される』らしいですが、これについてはよく分かりませんね。
(作者:謙次は今、予知能力に操られている状態です。予知能力は、謙次が絶対に勝てる未来を常に予知して動いています。もし、フェニックスがその予知を超えた攻撃で謙次を圧倒すれば、予知能力はその上で謙次が勝てる未来を予知し、謙次に更なる強化を施すことでしょう)
 つまり、謙次を圧倒すると、逆に謙次が強化されてフェニックスが不利になるってことか? めちゃくちゃじゃねーか!
 さて、フェニックスが考えあぐねているところですが、突然フェニックスは危機感のようなものを感じて、回避行動を取りました。
 すると、先ほどまでフェニックスがいた場所に、謙次が不気味なオーラをまとって突撃してきていたではありませんか。
(ば、馬鹿な!! 謙次はさっきまで遠くに居たはず!! 仮に謙次が光の速さで突撃してきたとしても、その光景は僕の目で追えるはず!! まさか、光速の数百倍のスピードで、突撃してきたとでも言うのか!?)
 一瞬で移動してきた謙次のトリックが読めず、そう考えたフェニックス。
 しかし、すぐにそのトリックに気づきます。
(……いや、馬鹿なのは僕の方か。『仮に謙次が光の速さで突撃してきたとしても、その光景は僕の目で追える』だろうけど、『仮に謙次が光の速さで突撃してきた』ならば、そもそも『その光景』は僕の目に届かないんだよなぁ)
 ……フェニックスは謙次が一瞬で移動したトリックを理解したようですが、残念ながらイノブンには理解できなかったようです。どうやら、フェニックスの動体視力であれば、仮に光速で動く物体も見ることができるらしいのですが、『その光景』がフェニックスの目に届かないから謙次が一瞬で移動したように見えた、ということらしいです。意味が分からないです。
(作者:人間が眼で見ている光景は、物体が放つ光によって視えています。光は秒速30万キロメートルという一定速度で移動することが知られています。つまり、仮にフェニックスが光速で動く物体を視認しようとした場合、物体が移動を開始した光景がフェニックスの眼に届くのは、物体がフェニックスに衝突するのと同時になるのです)
 ……えーと、説明下手なお前の説明じゃ良く分からんが、光速で移動するモノはフェニックスでは視認できないってことはなんとなく分かった。
 フェニックスは、思います。
(謙次が光速で攻撃を仕掛けてくるなら、僕はその攻撃を見ることができない。そして、謙次は予知能力で僕の行動・位置を把握することができる。……こちらからは視えないのに、相手はこちらを視ることができる。こんな相手にどうやって勝てと?)
 こうして、フェニックスはだんだん自暴自棄になっていくのでした。

キュリアと謙次 さんびゃくはちじゅうろっかいめ!

ケーケー「さぁ、最終章第1編、謙次闇落ち編の始まりです!」
イノブン「……え? 最終章開始してしばらく経つけど、今始まるの?」


<前回のあらすじ>
 朝、買出しから帰ってきたキュリアは、酷くおびえた様子で頭を抱えて突っ立っている謙次を目にしました。
「……そうだ。どうせ世界は滅びる。だったら……」
 様子が変わり、そんなことを言い出す謙次。
 そこまで聞き取り、キュリアは家から逃げ出しました。
 次の瞬間、謙次は直径3メートルほどの大きなビーム魔法を放ちました。
 そして、謙次は言います。
「どうせ世界が滅びるなら、今俺が滅ぼしても変わらない!」


<本編>
 この時代には、魔法や呪文があります。
 そのため、この時代の建物にはほぼ全て、ある呪文が掛けられています。
 絶対防壁呪文『コンリュード』。対象を絶対的な盾にする呪文です。
 この呪文のおかげで、すべての建物は絶対に壊れることのない、強固なものになっています。
 したがって、キュリアは先ほどの謙次の攻撃を、家の壁に隠れることでやりすごせたのです。
(あ、……危なかった。おそらく、今の謙次の魔法は無限魔法。なぜテレパシー程度の魔法しか使えない謙次が、私ですら使えない無限魔法を使えたのかは謎だけども、今はそれどころじゃない! 謙次の攻撃的な様子とか、気になるところはたくさんあるけれども……)
 キュリアは、冷や汗を流し、息を呑みます。
(それよりも私の命が危ない!!)
 キュリアが最後に見た謙次の顔からは、非常に攻撃的な様子が感じ取れました。
 また、何故かは分かりませんが、今の謙次はキュリアよりも実力が上のようです。
 キュリアほどの実力者ともなると、ある程度相手の力量がつかめます。
 謙次の力量を見積もったところ、桁違いの実力を持つ相手であると判断したため、キュリアは命の危機を感じたのです。
(……どうしよう)
そこで問題です! 絶望的な状況でどうやって助かるか?
3択―ひとつだけ選びなさい。
答え①キュートなキュリアは突如反撃のアイデアがひらめく。
答え②仲間がきて助けてくれる。
答え③どうしようもない。現実は非情である。
 キュリアとしてはこの絶望的な状況の中、答え②に○を付けたかったようですが、期待できないと判断しました。
(作者:キュリアは9ヶ月前、謙次に見本を見せるため魔法『テレパシー』を習得しました。しかし、魔法と言うのは20ページ分のプログラムコードを覚えるようなものです。9ヶ月も使わなければ、所々忘れて使えなくなります。さらに、今の謙次に太刀打ちできそうな仲間も、キュリアには思いつきません。マリエルやガイは、キュリアよりも実力が低く、桁違いの実力を持つであろう謙次には勝てないでしょう。フェニックスなら勝てるでしょうが、……フェニックスはキュリアの命の危機に手助けしないと明言しており、状況を把握しても助けに来てくれる気がしません)
 キュリアは、結論を出します。
(……だめだ、どうしようもない)
 やはり答えは……③しかないようです。

キュリアと謙次 さんびゃくろくじゅうごかいめ!

ケーケー「クイズ編やっても週に30人弱の方がこのブログを閲覧してくださっていることに驚きを隠せない」
イノブン「お情けで知人か、または気前の良いやさしい人が見てくれているんじゃないのか?」
ケーケー「そうなのかも」
イノブン「だが、そんなお情けは不要だ」
ケーケー「必要です。もう1編くらい話を挟んだ後で、この小説もクライマックスに向けて動かそうと思うので、ここまで読んでくださった心優しい方はもうしばらくお付き合いください」
イノブン「……この小説、終わる感じが全く無いのに、そんなネタバレをして良かったのか?」
ケーケー「『こんなこと小説でやって本当に良かったのか?』と思えるようなことを今まで散々やってきてますからね。今更ですね」
イノブン「それもそうか」


<前回のあらすじ>
 キリスト教過激派によって、異空間にさらわれた謙次たち。
 間違えると永久に異空間に閉じ込められるというルールの中で次々と正解し、残るは謙次だけとなっていた。
 しかし、その謙次も前回難問に正解し、元の世界へと還ることができました。
 今回はこのクイズ編のエピローグです。


<本編>
 謙次たちを閉じ込めた奇妙な術はすでにフェニックスに解明され、謙次が帰還した直後、フェニックスの反撃が始まりました。
 そして、すぐにお面の人たちキリスト教過激派は捕縛され、現在はフェニックスら聖室庁裁判所[せいしつちょうさいばんしょ]の人たちが、過激派一派の処遇を決めているらしいです。
(作者:聖室庁裁判所については、148回目を参照してください)
「おそらく相当重い罪になるだろうね」
 家で謙次と二人きりのまったりした状況の中、キュリアはそう口にしました。
「もし謙次が問題を間違えて、あの空間に閉じ込められたら、生きているうちに出て来れなかったと思う。だから、彼らの罪は殺人未遂に等しいんだよ」
「殺人未遂、か」
 当事者らしからぬ口調で、謙次は言いました。
 実際、謙次は彼らに殺されようとしていたのです。殺されるというよりは、死ぬまで闇の中に閉じ込められるという表現が正しいですが。
(作者:殺されたほうがマシかもしれませんね)
 5億年ボタンの短い版みたいな生活を送るわけだしな。
(作者:その名前を出すな! 一応、絶対にググってはいけない言葉として登録されている言葉だぞ!)
 ……失礼しました。
 いずれにせよ、一歩間違えれば生き地獄を味わう羽目になっていたわけですが、当事者の謙次にはそんな感覚がありませんでした。
 では、謙次は今どう感じているのでしょうか?
 謙次の今の感覚は、2つあります。
 1つは、疲労感。
 難問に挑み、一歩間違えれば終わりという緊張感の中、謙次は頑張ったのです。その疲労感がありました。
 では、もう1つは?
 ……達成感です。
 完全に自力ではなくとも、自らの頭で考え、答えを出した。その達成感に謙次は今、浸っているわけです。
(作者:この小説で出した5問の他にも、難問クイズはあります。興味がある方は是非、調べてみてください)
 ……クイズ編の締めはこんなところでいいかな?
(作者:実際に書いてみて、割と酷い内容になった気がしますが、終わりよければ全てよしってことで!)
 ……もう2度と、こんなふざけた内容は書くなよ。
(作者:保障はできませんが、最大限気をつけます)
 第一、お前の出したクイズ全部、自力で解けなくて答えを見たやつだろ?
(作者:そうです。……実は、1問だけ自力で解けた問題があるのですが、今回出した問題は全て、難しくて自力で解けなかった問題ばかりです)
 なるほどな。
(作者:では、僕が自力で解けた問題だけ載せて、この編は終わりとしましょう)
 ……いや、興味ないんだが。
(作者:答えは載せないので、気が向いたときにでも考えてみてください。どうしても答えが知りたい方は、調べれば出てくると思います)
 ……え? 本当にそれで終わらすの? ねぇ……
【追加問題】
 23人の囚人がいました。
 看守は囚人たちに言います。
「お前たちには今から、スイッチルームを使ったゲームに取り組んでもらう。お前たち23人にはまず、別々の牢屋に入ってもらう。ただ1日に1回だけ、お前たちの中から1人をスイッチルームに連れて行く。スイッチルームにはAとBの2つのスイッチがあり、スイッチルームに連れて行ったやつにはAかBのどちらかのスイッチをON/OFF切り替えてもらう。お前たちはいつでも、『私たち23名は全員、スイッチルームに入りました』と宣言して良い。その言葉が本当ならゲームクリアだ。全員この監獄から出してやろう。ただし、だれか1人でもスイッチルームに入っていないやつがいれば、お前たちは一生この監獄から出れなくなる。そんなゲームだ。今から1時間だけ時間をくれてやる。その間に作戦をたてておくんだな」
 さて、どのような作戦を立てれば、このゲームをクリアできるでしょうか?
 ただし、以下の点を補足しておきます。
・スイッチルームのスイッチA,BはONとOFFの2つの状態しか取れない。また、スイッチA,BがそれぞれONなのかOFFなのかは、見れば分かるものとする。
・スイッチルームの中で目印になりそうなものはスイッチA,BのON/OFF状態のみとする。『壁に自分の血で正の字を書く』等、スイッチA,BのON/OFF状態以外を目印にした解決法はないと思っておいて良い。
・スイッチルームのスイッチA,Bが最初ONなのかOFFなのかは名言されていない。
・スイッチルームには23人全員が入る前に、同じ人が2回以上入る可能性もある。
・『私たち23名は全員、スイッチルームに入りました』という宣言は、23人全員がスイッチルームに入った瞬間に言う必要はない。ただし、その宣言がなされるまでに、23人の囚人はそれぞれ1回以上スイッチルームに入っていなければならない。


<ネタ解説コーナー>
・5億年ボタン
  いろいろと考えさせられる、怖い短編漫画です。
  おばけやホラーの類ではありませんが、絶対にググってはいけない言葉なので絶対にググらないでください。絶対にです。
イノブン「解説してないじゃん」
ケーケー「さすがにネタバレはまずいかと思って」

キュリアと謙次 さんびゃくろくじゅうよんかいめ!

ケーケー「今回のクイズ編から分かったこと」
イノブン「うん」
ケーケー「クイズなんて小説でやるもんじゃない。閲覧者数が減る」
イノブン「知ってた」


<前回のあらすじ>
 13枚の金貨の問題に5回正解すれば謙次は元いた世界へ還れます。
 前回は、その4回目に正解しました。
 いよいよ、5回目の挑戦です。


<本編>
 これがラストの挑戦です。
・1回目 左皿:A1,A2,A3,A4 右皿:B1,B2,B3,B4
で天秤は釣り合いました。
 なので、ニセモノはC1,C2,C3,C4,C5のどれかに絞れます。
・2回目 左皿:C1,C2 右皿:C3,A1
としたところ、今度は天秤が釣り合いました。
「こうなると、あとニセモノの疑いがあるのはC4とC5だけだ」
 謙次は言いました。
 しかし、ではどうするのでしょうか?
 もし、
・3回目(誤) 左皿:C4 右皿:C5
としたところで、天秤は傾くでしょうがそれくらいしか分かりません。
 ニセモノの金貨は本物よりも重いか軽いかが分からないので、この確かめ方ではダメなのです。
 では、謙次はどのように確かめるのでしょうか?
 実は、割とシンプルな方法で確かめました。
・3回目 左皿:C4 右皿:A1
 A1の金貨は、本物だと分かっている金貨です。
 なので、ここで釣り合えば、C4が本物ということで、C5がニセモノであるということが分かります。
 逆に釣り合わなければ、C4がニセモノであるということが分かります。
 今回は、釣り合ったので、
「ニセモノは、このC5の金貨だ」
と言える訳です。
「……せ、正解だ」
 お面の人は、悔しそうにそう言いました。
 直後、謙次の姿はその空間から消え、謙次は元の世界、キュリアたちのいる世界へと還ることが出来ました。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR