FC2ブログ

C++講座④ VC++2010の使い方

 前回は「C言語は関数で大きな処理をまとめたり、構造体でいくつかの関連した情報をまとめたりすることで、人にとって分かりやすくなった高級言語である。そしてC++はモノ(オブジェクト)の概念からそれをさらに分かりやすく改良したものである」というようなことを学びましたね。
 今回から実際のプログラミングに入っていきます。とはいえ今回プログラムの解説は全くなしで、有名な無料のコンパイラ(C++を機械語に翻訳し、アプリケーションをつくるソフト)であるマイクロソフト社のVisual C++ 2010 Express Editionの基本的な使い方を説明します。
 ↓やっぱ無料っていいですね。昔は10万とかしたみたいなんで、MS社に感謝です↓


 おそらくこの講座をご覧の方のほとんどは、コンパイラを持っていないであろう。なのでここで、無料のコンパイラを紹介する。ここで紹介するのは、マイクロソフト社の「Visual C++ 2010 Express Edition」である。これを使うにはまず、Visual C++ 2010 Express Edition(以下、VC++と略称する)をダウンロードして、インストールする。(おそらく、Visual C++ 2010でグーグル検索して一番上にあるサイトに入るとそれがあるので、その中でVisual C++の枠を探し、インストールとかダウンロードとか書いてある場所をクリックすれば、あとはむこうが示す手順どおりに進めるだけでよいはずである)
 インストールができたらさっそくプログラムを作ってみてほしい。プログラムを作るにはまず、プロジェクトを作る。プロジェクトが何者なのかはここでは記述しないが、これがないとVC++でのプログラミングができない。プロジェクトをつくるには、以下の手順で進めればよい。

1、最初のページ(スタートページ)の「新しいプロジェクト」をクリックする
2、新しく出てきたウィンドウの「Win32コンソールアプリケーション」をチェックし、「プロジェクト名」につくりたいアプリケーション(実行可能なプログラム)の名前を入れて、OKをクリックする。なお、「ソリューションのディレクトリを作成」がチェックされてる(レがついてる)場合は、チェックをはずす。
3、新しく出てきたウィンドウの「次へ」をクリックする。
4、「アプリケーションの種類」を「コンソールアプリケーション」に、「追加のオプション」を「空のオブジェクト」に設定して、「完了」をクリックする。

 次に、ソースファイルを作る。ソースファイルは以下の手順で作る。

1、プロジェクトをつくったあと、その画面のどこかに「ソースファイル」と書かれた部分がある。その「ソースファイル」を右クリックし、「追加」→「新しい項目」を選択する。
2、新しく出てきたウィンドウの「C++ファイル」をチェックして、「名前」にソースファイルの名前を入れ、「追加」をクリックする

 では、ソースファイルにプログラミングしてみる。試しに、以下のソース(プログラムの内容のこと)をコピーして、ソースファイルに張り付けていただきたい。
#include <iostream>
using namespace std;

int main(){
cout << "Hello, World!" << endl; //文字を出力

getchar(); //入力待ち
return 0; //アプリケーション終了
}
 では、このプログラムをビルドする。ビルドとはほとんどコンパイルと同じような意味なので、まったく同じものだと思って差し支えないだろう。ビルドするには画面のどこかに再生ボタンのような緑色の右向き三角のボタン(以下、再生ボタンと呼ぶ)があると思われるので、それをクリックすればよい。それで作ったプログラムがビルドされ、アプリケーションが作成される。なお、このプログラムはただ画面に「Hello, World!」という文字を表示するだけの単純なプログラムである。
 プログラムが出来たと思ったら、まず再生ボタンの右側の項目を「Debug」にしてビルドする。このようにして自作プログラムをデバッグするのである。デバッグとはバグを探すことであり、一般には実際に実行してみてバグがないか確かめることである。デバッグして自作プログラムにエラーがないことが分かったら、再生ボタンの右側の項目を「Release」にしてビルドすればアプリケーションが作成される。作成されたアプリケーションはおそらくドキュメントにあるであろう「Visual Studio 2010」というフォルダの中の「Project」というフォルダの中に、プロジェクト名と同じ名前のフォルダが入っているはずなので、そのフォルダの中の「Release」フォルダの中にアプリケーションがあるはずである。なお、アプリケーションは.exeという拡張子を持つファイルである。
 なお、バグには大きく分けて2種類ある。ひとつは文法上のミスなどでプログラムがコンパイルできないバグである。もうひとつはコンパイルでき実行できるが、プログラムが思った通りに動作しないバグである。前者のバグはコンパイラが~行目にエラーがあると教えてくれるため、発見しやすい。しかし後者のバグは実際にプログラムが動くため、どこにバグがあるか特定するのは前者に比べ難しいであろう。


 コメントで教えて下さった親切な方がいらっしゃったので追記です。
 プログラム初心者の方は上で述べたように2種類のバグを意識してもらえば十分です。僕もそのバグしか意識していません。
 ただ、プログラムによっては『「ライブラリ等の設定ミス」っていうバグ』もあるそうです(例:LNK2005)。MFC等を使う人は気をつけた方がよさそうです(ちなみに、僕は全くそういうのを使っていません)。
 ついでに、もう1つ追記します。僕が作ったアプリケーションはここからダウンロードできるので、興味があったら試しに実行してみてください。ではまたノシ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

バグは2種類とありますが、「ライブラリ等の設定ミス」っていうバグもあると思います。VC++2010のエラーLNK2005が直らない・・・

Re:No title

Fさんへ
 コメントありがとうございます!! イヤッホゥー!!(このサイトの左上を見て分かる通り、久しぶりのコメントで喜んでおります)
 正直、僕は基本的に同じライブラリしか使わないので、あまりこういうバグで苦しんだことはなかったので、忘れてました(笑) ライブラリ系統では、DirectXの設定時に一番苦しみましたが、それぐらいしか思い浮かびません。
 他にも僕がノーマークのバグがあるかもしれませんね。報告ありがとうございます!!
(ちなみに、最近ではポインタの参照バグのせいでfor文が無限ループしています(笑)。ポインタによるforループは難しいですね)
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR