スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さいしゅうかい!

<前回までのあらすじ>
 自身の予知能力に操られ、暴走し、世界を脅威に晒した謙次。
 予知能力に操られることを恐れ、悩んでいると、予知能力から謙次のやるべきことを提示してきました。
 それは、9年間現代に戻り、難関大学に合格する等の無茶な課題をクリアすることで、予知能力に操られないレベルまで精神を鍛えるというものでした。
 謙次は決意を固め、キュリアをはじめとするさまざまな人に後押しされながら、現代へと帰りました。


<本編>
 しばらく時が経ち、キュリアは心を病みました。
 謙次は頼りない少年ではありましたが、キュリアにとっては過去を忘れさせてくれる、心の支えとなってくれる存在だったのです。
 1年間の謙次と過ごした日々。たった1年とはいえ、キュリアにとってはとても貴重な1年間であり、時が過ぎるごとにその1年間が恋しくなってくるのでした。
 3年を過ぎたあたりで、謙次が戻ってくるまでの年月を考えるのが嫌になり、キュリアは家にある日付を表示することができる道具、つまりカレンダーや時計、テレビなどを全て捨てました。
 あれから、……間違いなく年単位で時間は過ぎているものの、どのくらい経ったのか把握しないようにキュリアは過ごしていました。
 お金を使わず、また収入を得るようなこともせず、たまにやってくる正義の味方を倒すだけの日々。
 マリエル、ガイはキュリアの異常に感づいたようで、可能な限りキュリアの元に遊びに行ったり、バトルしたりして気を紛らわせようとしました。
 そのおかげで、多少なりとも精神を長く保たせることができていたようですが、
「私は、……もう限界だよ」
 キュリアは正義の味方の頭を鷲掴みにし、そう言いました。
 その正義の味方は、カラスに平安時代の服を着せたような姿をした、モンスターでした。
「ま、待て! 参った! マロっち参ったから!! 何をするつもりだ!?」
 通常のバトルでは行わないようなキュリアの奇行に、正義の味方は恐怖を感じているようです。
 キュリアは言います。
「良く考えてみるとさ、あの謙次が予知どおりの無茶な精神の鍛え方をできる保証はどこにもないんだよね。私が謙次に会いたいって想う気持ちを、謙次も同じように持っているとは限らないし」
「お前、一体何を言っているんだ?」
 正義の味方は顔をこわばらせて言いました。
 すると、キュリアは手に黒球を作りました。
 謎の引力を持っており、すごいエネルギーを感じる黒球で、……少なくともその黒球で攻撃されたら死ぬであろうと、正義の味方は瞬時に感じ取りました。
「ま、待て! マロっちモンスターだが人権持ちだぞ! お前は人を殺せるのか!? 冷静になって考えてみろ!!」
 キュリアは人を殺さないという情報を信じ、身の安全を確保した上でワンチャン、キュリアの抹殺を狙おうとやってきた正義の味方。
 しかし、その身の安全が脅かされた今、正義の味方は猛烈に抵抗します。
「お前は悪い人間だが、マロっちは悪くない人間! 殺していい道理などないはずだぞ!」
「……私は悪くない」
 正義の味方の言葉は、逆にキュリアを刺激したようで、
「さよなら……」
 ついに黒球を構えた手をキュリアは動かします。
 ……が、その時、
「いや、このモンスターが悪くないかはさておき、キュリア、お前は悪いぞ」
 突如現れた青年に腕をつかまれ、キュリアは攻撃を阻止されました。
「何せ、過去100人近くの罪の無い人を殺めた『ジェノサイド』なんだからな」
 長年聞いていなかった、懐かしい声。
 その声の聞こえる方向を振り向くや否や、キュリアはうれし涙をこぼして言いました。
「謙次!!!」
 感情があまって、思い切り謙次に飛びつくキュリア。
 それをしっかりと、謙次は受け止めます。
(作者:常人には耐えられない強い飛びつきでしたが、謙次はそれに耐えました。……ということは、謙次の予知能力を制御できる程度に、メンタルが鍛えられていることを意味します)
 え? どういうこと?
(作者:キュリアのこの飛びつきに耐えるには、①魔力を使う、②強化魔法を制御しキュリアの飛びつきに耐えうるよう肉体を強化する、という2つの条件が必須です。謙次の持つ魔力は、極めて微弱なもの。それを増強し、かつ強化魔法が使えたのは、謙次の予知能力を制御できているからに他なりません)
 ……まだ分からない。予知能力が使えれば、魔力も増強されて、強化魔法も使えるのか?
(作者:適切に制御されれば、の話ですけどね。フェニックスとの大戦の時、謙次が魔法を使えていた理由は、①予知能力が謙次を操り、『ミステリアスオーラ』という魔力増強魔法を発動させ、膨大な魔力を生成できたため、②予知能力が謙次を操ることで、どんな魔法でも使うことができたためです。予知能力は暴走した未来の謙次を予知することで、どんな魔法でも『未来予知』という情報伝達手段で謙次に魔法を使わせることができるのです)
 ……なんとなく分かった。その未来予知で謙次に魔法を使わせると、メン弱な謙次だったら身体をのっとられて暴走する。でも、メンタルが鍛えられた今の謙次は、暴走しないように制御しつつ、かつどんな魔法でも使える、ということか!?
(作者:そういうこと)
 何ということだ!? ヘタレゴミな主人公設定が最終回で一気に崩れたぞ!?
 ……と、謙次がそういう状態だということはキュリアも分かったようで、
「……勢いがあまってごめんね、謙次。でも今のを止めたってことは、もう大丈夫なんだよね! この時代に居ていいくらいに、精神を鍛えてきたんだよね!!」
「……ああ。……9年間、待たせてすまなかったな、キュリア」
「いいんだよ! でも、……その、謙次、お願いがあってね……」
 キュリアは、ややほほを赤らめながら、言葉をつむぎます。
「今見てたと思うけど、私、謙次がいなきゃダメみたいなんだ。謙次と一緒に過ごした日々が忘れられなくて、……それでね、それが愛しくてダメになっちゃうんだ。……だから、もし謙次が良かったらさ、……私と、一生を共に過ごしてくれないかな?」
 キュリアの言葉を聞き、謙次は顔を真っ赤にして俯きました。
 ただし、すぐに正面を向き、やさしい顔でこう言います。
「そのために俺は戻ってきたんだ。そのつもりだよ。……だからキュリア、この先ずっと、よろしくな」
 その言葉を聞き、キュリアは感極まり、大泣きしました。
 一度だけ聞いたことのある、キュリアの大泣きの声。
 クオリア障害のせいか、意味不明な言葉とともに、キュリアは涙を流します。
 その声は島中に響き渡り、それに呼応するかのごとく、島中の鳥やモンスターたちが鳴き声を上げます。
 それはまるで、キュリアと謙次の再会を祝福するかの如く……
(作者:……こんな終り方しか思いつかなかったんですが、これでいいよね!)
 ΩND!!!
ΩND


↓ 以下あとがき ↓
J・イノブン(以下J)「こ れ は ひ ど い」
ケーケー(以下K)「いやぁ、きれいに終われて良かったです!」
J「どこがきれいなんだ? というか、ΩNDって何だ?」
K「http://www.nicovideo.jp/watch/sm19625752
J「元ネタのリンクを貼れって言いたかったわけじゃないからな! バグらせるな!」
K「取りあえず、丸一日かけて精一杯考えた終り方なので、内容については読者様のほうで思うところがあっても、どうか許してください」
J「……お、おう」


K「取りあえず、謙次最強ENDですね」
J「……え? 最強?」
K「だって、予知能力の効果で無限に魔力が沸いて、どんな魔法でも使えるんだよ」
J「『予知能力の効果で』ってところがすごい引っかかるけど、……でもアレだろ? どうせ光速で動けるフェニックスには叶わないんだろ?」
K「ところがどっこい。この予知能力がかなりのスグレモノ。本編でも説明したとおり、未来の謙次が使う魔法として予知した魔法をそのまま使うことができるから、ノータイムで魔法を発動でき、フェニックスよりも動作が早いのです」
J「えぇ……(困惑)」
K「予知能力がコンピューターのような作用も果たしていて、魔法のプログラムも勝手に謙次の脳裏に展開するから、謙次は何もせずとも使いたい魔法が使えるんですよね」
J「ナンテコッタイ。……・でも、フェニックスには蘇生魔法があるんじゃ?」
K「謙次も使えます」
J「え? ……でも、フェニックスとの戦いで、謙次は一度も蘇生魔法使ってなかった……」
K「使ってなかったんじゃなくて、フェニックスが謙次に使わせられなかっただけ。フェニックスの攻撃で、一度も謙次を仕留めることができていなかったわけですからね。キュリアの行動がなければ、本当に世界は滅んでいましたよ」
J「そ、そうなのか……」


J「キュリアの大泣きのところ、『意味不明な言葉とともに、キュリアは涙を流します』って書いたけど、あれってどういう言葉なの?」
K「47回目にありますね」
『うんどらばーだったんにゃーがー!!』
J「なん、……なんだこれ?」
K「感極まればきわまるほど、クオリア障害の化けの皮がはがれますからね。こんな感じの意味不明な言葉でキュリアは泣きますが、さすがに最終回にこの文面を入れるわけにはいかないと思い、割愛させていただきました」
J「そらそーだ」
K「ちなみに、47回目ではフェニックスがこう説明しています」
『ちなみに、クオリア障害者同士で会話させると、だんだんと言葉の意味が消えていくんだ。最終的には、「あばかー」とか「なままーぽ」とか言って笑いだすよ』
J「なにそれ怖い」


K「というわけで、約6年と8ヶ月という短い間でしたが……」
J「長い!! めちゃくちゃ長い期間だからな!!」
K「ここまでご愛読してくださった皆様、本当にありがとうございました!!」
J「はい。本当にありがとうございました。よくもまぁこんなひどい内容の小説にね」
K「もしよろしければ、この記事のコメントか、Twitterへのリプライや、DMなどで感想をいただけると嬉しいです!!」
J「どうせ来ない」
K「知ってる」
J「ならやるな」
K「今後の執筆活動は、しばらくお休みしようと思います。再開の目処は立っておらず、未定です」
J「元々、そのために最終編を急いでたもんな。……まさか最終編に1年以上かけるとは思ってもいなかったがな」
K「何名の方がここまで読んでくださったかは分かりませんが、ここまで続けれ来れて、本当に良かったと思います! コメントでも、『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを打てば私以外だれも見れなくなるので、是非感想をお願いします!」
J「多分、感想とかじゃなくても、『いっかいめから読んでました』とかでもかなり励みになりますので、どうかよろしくお願いします」
K「自分の知り合いで2名だけ、1回目から読んでくれてる人は把握してるんですけどね。……本当に、ここまで続けられたのは彼らのおかげだと思います」
J「よくもまぁ付き合ってくれるよ。本当に感謝しないとな」


K「では、短いあとがきでしたが、この辺でしめさせていただきたいと思います。本当に、皆様ありがとうございました!!」
J「いやだから長ぇよ!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。