スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 よんひゃくさんじゅうよんかいめ!

ケーケー「2011年8月4日。……この日が何の日か、お分かりでしょうか?」
イノブン「は? 知らないけど」
ケーケー「『キュリアと謙次 いっかいめ!』の更新日です」
イノブン「……どうでもいいけど、この小説、始まってからもう6年と8ヶ月になるんだな」
ケーケー「どうでもいいって言わないで……。そして、その小説も、次回で最終回となります」
イノブン「……それがお前の悩みに悩んだエイプリルフールネタか? 面白くも何ともないぞ?」
ケーケー「違うから! 嘘ついたわけじゃなくて、ホントのことだから!!」
イノブン「……でも、お前のことだから『実際書いてみたら、1回分に収まりきりませんでした、てへ☆』って感じになりそう。……と思ったけど、最近お前、次回1回分ストックしてるんだっけ?」
ケーケー「いや、どうせ来週に1回分書けば終わるから、今週はストック書くのサボった」
イノブン「おい。……嫌な予感しかしないぞ。頼むから『やっぱ先週の最終回予告はエイプリルフールってことにさせてください……』なんてオチにしないでくれよな」
ケーケー「大丈夫。仮に3回分の内容になっても、頑張って来週書き終えるから大丈夫」
イノブン「人はそれを大丈夫とは言わない」


<前回のあらすじ>
 元の時代に帰る謙次を見送るために、謙次と縁のある人がキュリアの家の前に集まりました。
 ガイ、マリエル、シーノ、フェニックスが、これから旅立とうとしている謙次に、思い思いの言葉を送っていました。


<本編>
 その他、いろんな人が謙次に声を掛けました、
 最期に、
「謙次、本当に元の時代に帰っちゃうんだよね」
 謙次と縁のある人が集まっている中、キュリアが謙次に言いました。
「あぁ、そうだ」
 謙次が答えました。
「……その、私が謙次の元居た時代についていくのも、ダメなんだよね?」
 悲しそうな表情で、キュリアが尋ねました。
 謙次は答えます。
「あぁ。キュリアがついてきたら精神を鍛えられないだろうから、俺は一生この時代には戻って来れないだろうさ」
 キュリアがこの時代に居られないということは、若返りの呪文『ハイジュ』を使えないということ。今の年齢の倍近く生きることはできますが、己の死を第一に恐れるキュリアにとって、その選択肢は選べないのです。
「キュリア、……悪いけど、もう俺に迷いはない。……9年後、また会おう」
「……そっか。じゃあ、一つ呪文を掛けさせて」
 謙次の言葉を聞き、満面の笑顔を見せるキュリア。
 キュリアはクオリア障害ということもあり、嬉しい場面や悲しい場面での感情が他の人と異なることが多いです。
 今回も、何をもって満面の笑みを見せているのか、……もしかすると、謙次の足かせになるまいと気丈に振舞って作り笑顔をしているだけなのかもしれませんが、この満面の笑顔の意図が分かりません。
 そんなキュリアが謙次の頭に手をかざすと、謙次が光り輝きます。
「えっ!? ちょ!! ……一体何したの!? キュリア!?」
 驚く謙次の手前に、等身大の鏡が置かれます。
 謙次はその鏡で自分の姿を見ると、……全体的に雰囲気が少しだけ幼くなったような感じでした。
 今、キュリアが謙次に掛けた呪文は、若返りの呪文『ハイジュ』。
 謙次がこの世界で過ごした1年分、若返らせることで元居た時代に容姿を気にせず戻ることができます。
 これは言わば、キュリアからの無言の後押し。
 その意図に気付き、謙次は、
「……ありがとな、キュリア。また9年後……」
 そう言い残し、この時代を去りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。