スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 よんひゃくさんじゅういっかいめ!

ケーケー「この小説も、最終章が終ってそろそろ終わりだな」
友人「え? 最終章が終ったら、真の最終章が待ってるんだろ?」
ケーケー「はい?」


ケーケー「……ということがありまして」
イノブン「お前ならやりそう」


<前回のあらすじ>
「謙次が再び暴走すると、今度こそ世界が破滅に追いやられるかもしれない。だから、謙次には悪いけど、今後は僕かもしくは僕が信用している他の誰かに常に謙次を見張らせておいて、謙次が暴走する兆候が見えたら、暴走する前に僕の手で殺させてもらうよ」
 そう謙次に告げるフェニックス。
「もしそれが怖いなら、元の時代に戻るといい。少し考えてみてくれ」
 そういい残し、フェニックスは部屋から出て行きました。


<本編>
「……この未来予知能力には、結構世話になったんだけどな」
 キュリアと二人、テーブルについて、謙次は言います。
「窮地に追いやられた時、コイツはいつも俺たちを助けてくれた。だから、いいやつだと、……そう、思ってたんだけどな」
「……うん。何度も私の命を助けてもらってたしね」
「……だけど、……俺、どうすればいいんだろうな。……怖いよ」
 謙次は頭を抱えて言います。
「なんなんだよこの能力。間違った使い方したら世界を滅ぼしかねない? ……いらないよそんな能力」
 つらそうに言う謙次。キュリアはそんな謙次をフォローしようとしますが、何も言葉が浮かばないようで、黙っていました。
 すると、謙次の脳裏に突然、あるイメージがよぎりました。
 そのイメージは、謙次の未来予知能力が見せたものでした。
 謙次が自分から能力を使ったわけではありませんが、本来個体能力は発動条件を満たせば発動するもの。未来予知能力の発動条件は良く分かっていませんが、条件を満たして自動で発動したのでしょう。
 未来予知能力が謙次に見せたイメージは、謙次の未来像。
 それも、謙次が元居た時代に戻り、高校、大学へと進学し、就職した未来像でした。
 その未来像では、謙次が25歳の誕生日を迎えた際にキュリアのいるこの世界に戻り、未来予知能力を普通に使用し順風満帆な成果いつを送っていました。
 未来予知能力が送ってきた、謙次の未来像。
 謙次はその意味が気になり、別の未来も予知します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。