FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 よんひゃくにじゅっかいめ!

ケーケー「なごやんぷよ初中級者対戦会は12/9の土曜日だよ! みんな来てね!」
イノブン「ある程度ガチめなぷよぷよの対戦イベントなので、みんなは行かない方が良いかと……」
ケーケー「イベント運営になったから、ぷよぷよのイベントだけどここでも宣伝しておこうかなと」
イノブン「お前、自分のTwitterのぷよ垢に比べ、ここの読者のぷよらー人数はどれだけいると思ってるんだ?」
ケーケー「冷静に考える力が足りてなかった」


<前回のあらすじ>
・フェニックスが死にました。
・フェニックスが生き返りました。


<本編>
(……ついに、人前で使ってしまった)
 フェニックスが今使った魔法、それは『リバース』。長年の研究の末、フェニックスが発明することができた蘇生魔法です。
 魔力を大量消費しますが、生物1体を生前の状態で蘇生します。オマケで体力は全回復されますが、魔力は死ぬ間際のままで蘇生されます。
 ただ、この蘇生魔法が世間に知られると、人を生き返られて欲しいという依頼であふれることでしょう。
 それを恐れ、フェニックスは蘇生魔法が使えることを公にはせず、こっそりとカゲで発動さえるに留めていたのです。
(作者:この話のなかでは、謙次が予知能力で察知した大量殺戮事件でこっそりと使われていたようです。地表が火の海と化した中、フェニックスが蘇生してもバレなさそうな人を『偶然生きていた!』と言って蘇生させ、生存率を上げていたのでした)
『知らなかったのかい? 村人は205人、だけど、そのうち135人はかろうじて生きてたから、僕が全回復呪文「リヴィル」で助けたんだ』
 確かに、過去の話を見返すと243回目にこんなセリフがありますね。『かろうじて生きていた』と言っていますが、ここで蘇生魔法を使っていたんですね。
(作者:現在の戦闘は、おそらくフェニックスの身内以外からも注目されているはずなので、フェニックス自身あまりこの魔法を使いたくなかったんでしょう)
 だが時すでに遅し。フェニックスはそんなことを気にする時間も与えられず、戦闘に臨むのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。