スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 よんひゃくじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「今回から、最終決戦編スタートです!」
イノブン「最終章なのにまだ終らないの?」


<前回のあらすじ>
 謙次の無限魔法を喰らい、フェニックスが死にました。


<本編>
「え? ……どうなったの?」
 先ほどまで謙次とフェニックスが戦っていた場が静まり、キュリアは動揺します。
(作者:状況を忘れている読者様も多いと思うので、一旦整理しましょう。最強の霊属性魔法使いのミカエル、及び最強の時空系魔法使いのテルモト、アルラウネらが張ったバリアーの中で、謙次とフェニックスは戦っていました。キュリアはそのバリアーの外で、ミカエルら3人と観戦していました)
 そんな中、フェニックスの姿が突然見えなくなり、キュリアは困惑しているのです。
 テルモトは、言います。
「フェニックス殿は、……謙次殿に殺されたでござる」
 テルモトの言葉に、キュリアは衝撃を受けます。
 しかし、その瞬間、バリアーの中に光り輝く『何か』が現れました。
 その『何か』は、謙次に多数の無限魔法を浴びせようとします。
 謙次は即座に反応し、それをかわして光り輝く『何か』の正体を見ました。
「そう、……僕は『不死鳥』。だから……」
 そこに居た『何か』の正体は、……
「何度でも蘇えるさ!!」
 なんとフェニックスでした!
(作者:知ってた)
 それな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。