FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 よんひゃくじゅうろっかいめ!

<前回のあらすじ>
 戦争で世界を独占しろとフェニックスに助言したシェイド。そのことについての悩みを、フェニックスはウインドにぶちまけます。フェニックスは当初シェイドの言葉に否定的でした。しかしウインドの意見を聞き、フェニックスは再度世界の独占について考えます。考えた結果、フェニックスはどのように結論を出すのでしょうか?


<本編>
 数年後、フェニックスは全世界に宣戦布告しました。
 世界の独裁権を要求し、モンスター王国VSその他世界各国との戦争を宣言したのです。
 フェニックスから、
「モンスター王国と交戦する意思のある国は、これからその国の軍備施設を破壊しに向かう。そうされたくない国は、今すぐに降伏宣言してもらおう」
そう脅され、降参した国も多々ありました。
 大半の国はそのまま交戦しました。しかし、この時代の戦争は現代のように戦闘機やミサイルなどの機械兵器で行う戦争です。対して、フェニックスはそれらを遥かに凌ぐスピードで動くことができるため、交戦国の攻撃はフェニックスに全く歯が立ちませんでした。
 これだけで交戦国は自分の置かれた状況に絶望しますが、フェニックスは加えてもう1つ、自分にルールを設けて戦争に望むことで交戦国にさらなる絶望を与えました。
 フェニックスは一切の死者を出さないようにし、その戦いに挑んだのです。たとえば、敵戦闘機を破壊する際にはコックピット部分を風属性魔法で切り取り、パイロットを救出してから破壊するなどしました。
当然、死者を出さないように気にする分、フェニックスは相当力を抑えられます。しかし、こうすることで、フェニックスのパワー・スピード・テクニックが圧倒的であることを、全世界に示すことができたのです。
 しばらくして、大半の国が降伏を宣言しました。
 まだごく少数だけ諦めの色を見せない国はありました。しかし、その国の保有軍は、たった数日でフェニックスに壊滅され、敵対国をゼロにすることができました。
 このようにして、数週間のうちにフェニックスは全世界を手中に収めたのでした。
 なお、数少ない魔法戦闘のスペシャリストたちは、相手がフェニックスだと聞き、恐れ、戦場に赴くことはなかったそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。