スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先折り鍵積み初中級者の持論 ⑥回収! 鶴亀連鎖尾!

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画のような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。


<概要>
 鍵積みは6列目まで連鎖を構成しない場合、隣の列の同色ぷよを1個巻き込んで消します。
 例えば、下図ですと4列目の緑は5列目の緑も巻き込んで消えます。

puyo6-1

 そこで、この緑ぷよ1個分の段差を利用し、鶴亀(または普通の階段)で連鎖を構築することができます。
※鶴亀:階段の1種。段差のズレを発生させて上下に離れたぷよを繋げる連鎖技術。階段を縦に平行移動させたもの。
 下左図が普通の階段、した右図が鶴亀を用いた例になります。(5,6列目の赤ぷよの部分です)

puyo6-2 puyo6-3

 実際には、それぞれ下図のようにし、階段・鶴亀連鎖を起点に、上下のぷよで挟み込み連鎖を発生させます。

puyo6-4 puyo6-5

 このような鶴亀(または普通の階段)と上下挟み込み連鎖を用いた連鎖尾を、『鶴亀連鎖尾』と呼んでいます。


 ちなみに、先ほどの鶴亀の画像で鶴亀部分を除くと、……なんと! 普通の鍵積みの場合はタブーになる形が出てきました!

puyo6-6

 鍵積みではツモの裁き方によっては、上図のような形を組んでしまうこともあり得ます。
 その回避法としても、鶴亀連鎖尾は非常に優秀です!

 
 上の例では5,6列目を鶴亀連鎖尾にして説明しましたが、4列目から鶴亀連鎖尾を作ることも可能です。

puyo6-7
 
 3列目から鶴亀連鎖尾を入れることも可能、……ではありますが、あまり広げすぎると鍵積みなのか怪しくなってしまいます 笑
 横2,3列の方が下記作り方で作りやすいと思います!


<作り方>
 ここで、鶴亀連鎖尾の作り方について解説したいのですが、……一つ事前に言っておくべきことがあります。
 鍵積みは定形ですが、この鶴亀連鎖尾は不定形です。
 したがって、鶴亀連鎖尾の作り方の解説と言っても、『こんな感じでやれば作りやすいですよ~』ということしか言えません。
 運用には練習や慣れが必要です。あらかじめご了承下さい。


 さて、定形鍵積み的には青ゾロを置く場所が無い状態で青ゾロが来た時を考えて見ましょう。

puyo6-8

 このフィールドで鶴亀連鎖尾の入れ方を説明します。まず、3,4列目の黄色ぷよが消えると段差のズレが生まれることが分かるかと思います。
 なので、下左図のように青ゾロを5列目に置き、下右図のような連鎖を構築します。

puyo6-9 puyo6-10

 上右図は一見複雑な連鎖尾に見えますが、鶴亀(じゃない普通の階段だけど青ぷよ)を起点に上下にある色を挟み込み、消しているだけです。
 なので、不定形と言えど連鎖構築中に考えていることは単純で、『鶴亀の次に消えていく色から必要個数分だけ上に乗せていく』という感じになります。載せるべき色は鍵積み連鎖が終わった箇所より右にある赤・黄・緑ぷよ。必要個数はそれぞれ2個か3個・3個・3個となります。
 今回の例ですと青→赤→緑→黄の順に消えていますが、ツモのよってはこの順番じゃない順番で色を入れていく必要もあるかと思います。


 もう1例、作り方を紹介します。先ほどの鶴亀連鎖尾は右3列を使いましたが、今度は右2列を使う連鎖尾の作り方について解説します。
 下図の状態で青ゾロが来ました。鶴亀連鎖尾を使わないと、連鎖を伸ばすことが難しいです。

puyo6-11

 そこで、下左図のように青ゾロを置きます。最終的には下右図のように緑ぷよ・黄ぷよを載せて連鎖尾とします。

puyo6-12 puyo6-13

 この形は、「鍵積みをきれいに組めていたけど、クソツモのせいで上手く組めなかった!」という状態でも連鎖尾として回収できるので、割と良く使います。
 そうでもしないと、6列目にゴミの山が……考えたくない。
 鶴亀連鎖尾は、鍵積み的にゴミになるツモを上手く回収してくれる連鎖尾なのです。


 ただし、鶴亀連鎖尾を作るうえでひとつ、注意点があります。
 下左図は鶴亀連鎖尾になっていますが、下右図は黄色が青と同時に消えて火力が下がっています。
 この2枚の画像の違いは分かりますでしょうか?

puyo6-14 puyo6-15

 右の画像では、赤が消えると黄色が4個くっついて消えてしまいます。
 鶴亀連鎖尾を使う場合、鍵の隣にある色が4個くっついてしまわないように注意する必要があります。
 鍵積みの隣のぷよが消えないよう、意識をする必要があるのです。
 

<空鍵(そらかぎ)連鎖尾>
 鶴亀連鎖尾の1種です。実現には至っていませんが、面白い形なので紹介しておきます。

puyo6-16 puyo6-17

 上図は『空から鍵積み』です。鶴亀のぷよを消すと、その上から鍵積みが降ってきて、連鎖尾として消えます。
 また、上左図において下左図のように2連鎖の副砲を打つと、下右図のような鍵積みも出てきます。鶴亀の青ぷよを副砲として消しても、鍵積みが降ってくるのです。

puyo6-18 puyo6-19

 続いて、『空から鍵折り』です。鶴亀を利用して鍵積みの折り返しのような形で連鎖が起きる連鎖尾です。

puyo6-20 puyo6-21

 これらは強いかどうかは分からないのですが、面白い形として『空鍵連鎖尾』と名をつけ愛用しています。
 正直、これらの形は狙って組める形ではありません。……ですが、そもそも鶴亀連鎖尾自体、どのような形になるか組んでみないと分からないのです!
 鶴亀連鎖尾は、毎回形が定まらない不定形だからこそ強みがあるのです!


<メリット>
 鶴亀連鎖尾のメリットですが、以下のようになってます。
①定形鍵積みで発生するゴミを回収できる。
②アドリブで形が組める(鶴亀起こして上下に挟み込めば作れる)
③鍵積みのタブーを回避できる。


 一番の強みはゴミ回収能力!
 定形鍵積みが作れなくても、ゴミになるはずだったぷよを回収できます
(でも定形鍵と比べて飽和は下がります。詳しくは後述)


<デメリット>
 鶴亀連鎖尾のデメリットですが、以下のようになってます。
①定形鍵よりも飽和が下がる。
②頭を使うため、凝視等に集中しづらい。
③鶴亀部分の下にある色を4連結させると同時消しになって連鎖数が減る。


 鶴亀連鎖尾では、途中の連結が多くなったり連鎖尾の上がごちゃごちゃになり、基本的に定形鍵と比べて飽和が下がります。
 下図のような連鎖尾によくなるのですが、……飽和を上げるにはこの上で連鎖を構築する必要があります。デコボコ多すぎて無理です飽和下がります。
 ただ、定形鍵として組む際にゴミが発生するくらいなら鶴亀を狙ったほうがマシになると思うので、そういう時にご利用下さい。

puyo6-22 puyo6-23

 あとは、間違えて鶴亀部分の下で4連結させて同時消しにしてしまうと連鎖数が下がります。普通の鍵積みでは意識しなくて良いことを意識する必要があるので、運用の際はご注意ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。