FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 よんひゃくはっかいめ!

ケーケー「今回出てくる少女の設定は、幼少期に僕が考えていたものだから割とアウトなものだったりします」
イノブン「お前の幼少期が怖いわ」


<前回のあらすじ>
 ある日、フェニックスは気分転換に『魔獣島』へ行こうとします。
 その島は、キュリアの今住む『トランズ島』同様、産廃モンスターの廃棄場所となっている島でした。凶悪なモンスターたちが弱肉強食の野生生活をしている島なので、フェニックスは思いっきりバトルをしてスッキリしようとしたのです。


<本編>
 フェニックスは魔獣島に到達した瞬間、ある人影に気付きました。
 そこに居たのは、1人の少女でした。
 見た目は9歳くらいの緑色のショートヘアの少女ですが、小柄な身体に見合わないくらい大きな胸が特徴的でした。
「君、どうしたの!? こんなところで何やってるの!?」
 フェニックスはあわてて声を掛けます。
 この魔獣島は、凶暴なモンスターが巣食う島。戦闘能力のない人が侵入すれば、その瞬間に餌食となり即死することでしょう。
 フェニックスの目に見える範囲内で推測するに、この少女は傍らにある木製の手漕ぎ船で島にやって来たのでしょう。
(この近くに国や人の住む島はなかった気がするけど、……一体何がどうなっているんだ?)
 疑問を深めるフェニックス。考えてもキリがないので、少女の回答を待つことにしました。
 少女は問われると、満面の笑みでこう答えます。
「ご主人様の命で、この島のモンスターに食べられに来たんだよ!」
 少女の回答に驚愕するフェニックス。
(どういうことだ!? 主人の命令でわざわざ死にに? おどされてそうせざるを得なかったのか、……それにしてもあの笑顔は何だ!?)
 フェニックスが混乱していると、少女の横に突如、漆黒の球体が現れました。
 漆黒の球体は眼球の姿になり、瞳を開きました。
『この話については、ウインドから聞いても分からないだろうし、私から説明させてもらおう』
 眼球から声が聞こえました。ウインドと呼ばれた少女-後のフェニックスの妻となる人ですが-は口を閉じ、眼球の方を見ました。
『私の名はジェイド。英国の一貴族だ。こいつは私の奴隷のウインドだ。従順なヤツなのだが最近飽きてきたので、この島で無残に死ねと命じ、今に至るというわけだ』
「な、何だって!?」
 そう聞いて、身構えるフェニックス。
「ゆ、……許さない。そんなこと、させてたまるか!!」
 色々と疑問点を残しつつも、熱くなるフェニックス。
 眼球は言います。
『……ではこうしよう。フェニックス、お前には明日、私とバトルしてもらおう』
「何っ!?」
『場所はウインドにでも聞くといい。お前が私に勝てたら、そいつはお前にくれてやる。……だがお前が負けたら、そいつには私の命で死んでもらうことにしよう。明日のバトルまで、そいつはお前に預けておこう』
「くっ、……望むところだ!」
 フェニックスの声を聞き、眼球は姿を消しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。