FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくきゅうじゅうななかいめ!

ケーケー「5/28にまた名古屋に引っ越すことになりそうです」
イノブン「え……、また?」
ケーケー「今のうちに東京満喫しておかないと!」
イノブン「……どうせ、ぷよぷよ対戦会とラーメン二郎くらいしか行かないくせに」


<前回のあらすじ>
 前回から、フェニックスの過去編が始まりました。
 舞台は50年前、とある小島の、とある研究施設。
 フェニックスは、青い球体状のモンスター『アタックス』として生まれました。
 生みの親である、ドクターXはアタックスの生誕を喜びこう言いました。
「お前は私の希望だ!」


<本編>
「今、世間では人工モンスターの活躍に期待が集まっている」
 ドクターXは言いました。
「人工モンスターは、プログラミングされたDNA配列に魔力を注入することで創ることができる。魔力はエネルギー保存則や質量保存の法則に捕らわれず、物体を生み出すこともできるエネルギーだ。だから、DNAプログラムと魔力だけで、モンスターは生み出せる。非常に低コストで、意思を持った生命体だからか、この分野の研究は今かなり脚光を浴びているんだ」
 ドクターXは一呼吸置いて、話を続けます。
「私もこの分野で輝きたいと思い、この無人島に研究施設を建てた。……だが、研究が上手く行かず、最早この施設に残っているのは私だけになってしまった」
「博士……」
 ドクターXの話を聞き、アタックスは同情します。
「しかし、ようやく完成した!」
 ドクターXは、アタックスの肩(はないので、それと思わしき球体上部)をつかみ、言いました。
「X-TYPE〔エックスタイプ〕モンスターのプロトタイプであるアタックス! このX-TYPEモンスターとは、進化という過程を経ることで、能力値を飛躍的に上昇させることができる、すさまじい特徴を持っている!」
「え!? 進化!? なにそれすごい!!」
アタックスは喜びながら言いました。
しかし、ドクターXは、
「……と言っても、まだお前がプロトタイプだから、進化によってどのくらい能力値が向上するのかは不明だし、そもそも能力値が向上するのかどうかも不明だがな」
「あれっ」
 ずっこけるアタックス。
 ドクターXは続けて言います。
「だが、これは私が研究成果を残せる最後のチャンスだ! アタックス! お前には年1回行われるモンスターのバトル大会に出てもらい、そこで優勝してもらいたい!」
「バトル大会? それが研究成果につながるの?」
「ああ、その通りだ! モンスターの性能として注目を集めている能力には、魔力、筋力、体力、知能等いろいろあるが、知能以外はおおよそバトルに関連する能力なんだ。だから、お前がバトル大会で優勝すれば、X-TYPEモンスターは優れたモンスターであることを大いにアピールできる!」
「一理あるけど、……1年に一回なんだよね? 生まれたばかりの僕が優勝できる気がしないし、優勝するまで挑戦するとなるといつまでも成果が出ないかもしれないよ? 他に成果をアピールする方法はあるんじゃないの?」
「あるにはある。……だが、これまでに大金を叩いて研究してきたから、普通の学会発表程度のアピールでは元金すら回収できない可能性があるんだ。有名な大会で優勝すれば、それだけアピールにつながる。世界中でX-TYPEモンスターの研究・開発が行われ、大きな成果となり膨大な研究資金が得られるかもしれないんだ!」
 ドクターXは一呼吸置いて、続けます。
「それに、お前には大会で優勝できるだけのポテンシャルがあると、私は思う。今の『アタックス』の状態のままだと、魔法もロクに使えない上に戦いに向いていない球体状の身体だから優勝は無理だと思う。だが、お前の成長が止まったあたりでお前を『進化』させれば、お前の能力値は倍以上に膨れ上がるはずだ! その上、魔法も不自由なく使えるようになるし、身体形状面での不利もなくなる。間違いなく優勝を狙えると、私は目論んでいるのだ!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。