FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくはちじゅうはっかいめ!

イノブン「……なんか、最近この小説、急展開を迎えてるよな」
ケーケー「長らくアイデアを暖めていた内容なので、急展開でもまともな内容になっていると嬉しいです。最終章の中盤以外は自分の頭の中で話を練ってありますし」
イノブン「中盤は練ってないんかい!」
ケーケー「まぁ、頭の中で話を練っただけで、実際に文章に書き起こしてみると不自然な箇所が多々ありますけどね。毎回、書き起こすたびに修正箇所が多くて困ります」
イノブン「つまりいつも通りじゃねーかよ、ふざけんな!!」


<前回のあらすじ>
 無限大の威力を持つ、無限魔法。
 それを片手に、キュリアに迫る謙次。
「ちょ、ちょっと待って!! 謙次!! 私に何の恨みがあるの!? お願い!! それを私に撃たないで!!」
 命乞いをするキュリア。まさに絶体絶命。
 しかし、
「急にどうしたんだい? 謙次」
 突如、フェニックスがキュリアと謙次の間に入り、キュリアを助けました。
 どうやら、謙次がテレパシーで直接フェニックスを呼んだようですが、
「彼の野望は、止めなければならない!」
 フェニックスは、言います。
「世界を破壊しようだなんて野望は、絶対に止めないといけないんだ!!」


<本編>
「世界を……破壊?」
 キュリアは訳も分からず、フェニックスの言葉をそのままオウム返ししました。
 フェニックスは、謙次が動く気配がないことを確認してから言います。
「謙次は僕が先手を取るまで待っていてくれるようだから、彼の好意に甘えさせてもらって、現状を説明しようか」
 『先手を取るまで待っている』ということは、これからフェニックスと謙次はバトルすることになる、ということでしょう。
 光速で動けるフェニックスが相手だと、バトルも何も一瞬で決着が着きそうなものですが、……取りあえずはフェニックスの説明を聞きましょうか。
「実は今、謙次は謙次本人の意思で動いていない。操り人形のようなものなのさ」
「操り人形!? ……つまり、誰かが謙次を操っているということ!?」
 キュリアは驚いて言いました。
「……『誰か』、ではないかな」
「え?」
 フェニックスの言葉に混乱するキュリア。
 フェニックスは説明を続けます。
「でも、『ソイツ』が操っているせいで、今の謙次はかなり厄介なんだよ。さっきも、謙次が無限魔法を使ったのを見たよね? キュリア」
「うん。……何で謙次が無限魔法を使えるのか、よく分からないけれども」
「今の謙次は、『謙次が無限魔法を使う未来』を予知することで、無限魔法の使い方が分かるんだ」
「未来を予知!? それって、謙次の個体能力だよね!? ……許せない。謙次の個体能力まで操って、謙次を使って世界を破壊しようだなんて!! 一体誰が……!!」
「……いや、だからキュリア。違うんだ。『誰か』が謙次を操っているわけではないんだよ」
「フェニックス!? 一体何言って……」
 煮え切らない回答ばかりするフェニックスに文句を言おうとしたキュリアですが、ようやく謙次を操っている犯人に気づきます。
「……まさか、謙次を操っている犯人って……」
 謙次が誰かに操られているわけではない。
 しかし、謙次は操つられている。
 つまり、謙次は他人ではない『何か』に操られていることになります。
 この時代の世界観でも、人(モンスター含む)ではない何かが誰かを操ることはあり得ません。科学技術を駆使して相手を洗脳することもできる時代ですが、必ずその技術を駆使する『誰か』が居ます。
 すなわち、謙次を操っているのは、謙次自身の持つ『何か』ということになります。
 フェニックスの説明によると、その『何か』は『謙次が無限魔法を使う未来』を予知することができるらしいのです。
 ……真相にたどり着いたキュリアは、言います。
「謙次は、……『未来を予知する』能力に操られているってこと!?」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。