FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくはちじゅうよんかいめ!

ケーケー「ここからようやく最終章第1編の始まりだ! ……と考えているのですが、最終章開始宣言してからもう8回目なんですよね」
イノブン「最終章って、何編構成なの?」
ケーケー「今考えている分には3編くらい」
イノブン「……最終章宣言したのはいいが、しばらく終わりそうに無いな」
ケーケー「思ったより長くなってしまいそう。個人的には、早く小説完結させたいのに」
イノブン「……そういえば、先週記事に書いたシューティング製作の進捗は?」
ケーケー「全然進んでません」


<前回のあらすじ>
 いつ殺されてもおかしくないキュリア。
 そして、そんなキュリアが好きだということに気づいた謙次(恋心か友情かは不明)。
 ならば、キュリアの命の危機がいつ訪れるのか、未来予知しておけば良いと、謙次は考えました。
 ただ、近い未来を事細かに予知していくのは、非常に面倒だと感じる謙次。
 その結果、謙次は10年毎に未来を予知していこうと考えました。


<本編>
 謙次は90年後まで、自分の未来を予知しました。
 90年後も、謙次、キュリアともに生存していました。
 人間の寿命からして、謙次は死んでいてもおかしくありません。……ただ、キュリアが途中から延命呪文『ハイジュ』を謙次に掛けるようになっているようです。そのため、謙次は90年後も若々しい肉体のまま過ごしていました。
 次は、100年後の未来予知です。
 ……が、100年後を予知した瞬間、謙次は驚愕しました。
(……何も、ない?)
 その未来にあるのは、ただの真っ暗闇でした。自分やキュリアはおろか、周りには誰も居ないし、何も無いのです。
 この未来がどういう状態にあるのかは分かりません。しいて言うならば、世界が崩壊した、というところでしょうか。
(……ど、どうしてこうなったんだ!?)
 謙次は100年後から時間をさかのぼり、未来予知していきます。
 99年後、すでに世界は崩壊していました。
 98年後、すでに世界は崩壊していました。
 95年後、すでに世界は崩壊していました。
(……どこだ!? どこで世界は崩壊した!?)
 92年後、すでに世界は崩壊していました。
 90年後、すでに世界は崩壊していました。
(おかしい!! 90年後は平和な世界だったはずだ! この未来はさっき予知した未来とは違うのか!? 一体どういうことなんだ!?)
 そう考えるも、答えは見せません。
 訳が分からず、どうして良いのか分からないまま、謙次は未来をさかのぼっていきます。
 80年後、すでに世界は崩壊していました。
 70年後、すでに世界は崩壊していました。
 60年後、すでに世界は崩壊していました。
 50年後、すでに世界は崩壊していました。
(……一体どこまでさかのぼれば、平和な世界になるんだ!?)
 10年後、すでに世界は崩壊していました。
(……一体、どこで……)
 1年後、すでに世界は崩壊していました。
(どこで……)
 1ヵ月後、すでに世界は崩壊していました。
 1日後、すでに世界は崩壊していました。
 しかし、今予知した明日の未来だけ、崩壊した世界の中に1人、人影がぽつんと見えました。
(あれは、……誰だ?)
 その人影の姿を確認すると同時に、謙次は絶望しました。
(……俺、だと?)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。