FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくはちじゅうさんかいめ!

イノブン「謙次のキュリアへの想いカミングアウトからの、謎の伏線張り。前回のはちゃめちゃっぷりはなかなかヤバかったな」
ケーケー「……それ、皮肉?」


<前回のあらすじ>
『答えてください! あなたはキュリアのことをどう思っているのですか!? ジェノサイドが犯した許されざる罪について、どう思っているのですか!?』
 マスコミに問われた質問を回想していたら、謙次にとってキュリアはかけがえの無い存在であることに気づきました。
(今年だけでも、少なくとも2回は、キュリアは命の危機に瀕している。……だとすると、今後はどうなるんだ?)
 ふと、そんなことを考えた謙次。
(俺には、未来予知の能力がある。今までは何故か未来を見ることが怖かったが、この期に本格的な未来予知でもしてみよう)
 マスコミの質問からこの発想に至るのは少し無理がないか? 作者よ。
 そうイノブンは思いつつも、謙次が考えてしまったのだから仕方ない。
 謙次は初めて、自主的に未来予知を行います。


<本編>
 謙次は未来予知能力を発動しました。
 まず、明日。
 キュリアとゲームで対決している自分の姿が見えました。
 特になにも起こらなかったということでしょう。
 明後日。
 キュリアと談話しながらお菓子を食べる自分の姿が見えました。
 平和ですね、問題ありません。
(……あ、これ1日ずつ見ていくとキリがないし、割と疲れるわ)
 謙次はそう考え、1年ごとに未来を見ることにしました。
 1年後、……キュリア生存。平和です。
 2年後、……キュリア生存。平和です。
(……1年ごとでも割と疲れるな。そもそもこのやり方だと、何のために未来を見ているんだって話になる気が)
 今、謙次が未来予知能力を使っているのは、キュリアとずっと平和に暮らしていけるのかを確かめるためです。
 謙次の能力があれば、いつキュリアに命の危機が訪れるかが分かります。なので、その対処法を今のうちから考えることができる。……そう謙次は考えて、未来予知を実行したのですが、
(1年毎じゃあ、いつキュリアに危機が訪れるのかが全く分からないことないか!?)
 キュリアの危機が起きるのかどうか、起きるとしたらいつ起きるのか?
(それを把握するには、キュリアの未来を連続的に予知する必要があるはずだが……)
 1日毎の未来予知でも割と面倒なのに、それよりも事細かに未来予知をするなど、実質不可能です。
 可能といえば可能でしょうが、精神的に滅入るでしょう。
(……でも、キュリアが死ぬようなことがあれば、予知した未来にキュリアが居ないから分かるだろうし、むしろ10年毎の予知でも問題ないか)
 そう考える謙次。10年毎とは、なかなか飛ばすなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。