FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくななじゅうななかいめ!

ケーケー「もう、……終わりにしよう」
イノブン「……ど、どうしたんだよ、急に」
ケーケー「……あぁ、遂にな」
この小説も、最終章なんだ。


<前回のあらすじ>
 クリスマスパーティーと称した乱戦も終わり、新編です。
 『編』としては2,3編を予定していますが、総じて『最終章』とします。
 ここまで長らくご愛読してくださった方がいらっしゃれば、完結までもう少々、お付き合いいただければ幸いです。
イノブン「本当に、『もう少々』なのか?」
ケーケー「編としては2,3編入れるから、『少々』じゃないかもしれない」


<本編>
「……う……ん?」
 ある日の朝、謙次は目覚めました。
 前回までクリスマスの話でしたが、今回は飛んで3月。春です。
(作者:春ですよー!)
 春ですよー! ……えー、実はクリスマス以来、謙次たちは平和な日々を過ごしていました。
 なぜかは分かりませんが、キュリアを倒しにやってくる正義の味方も比較的少なかったのです。
関係があるかは分かりませんが、ヘキサドームカップで英雄のような扱いを受けた後も、やってくる正義の味方の数は減りました。クリスマスパーティーでは、キュリアは『みんなで力を合わせて倒すべき敵』だったのですが、もしかしたらヘキサドームカップ感じられた英雄っぽさが照らし合わさって、何らかの効果を生んだのでしょうか?
そんなこんなで、ここ最近は平和でした。
……しかし、今日はなにやら外が騒がしい様子。
ワイワイ、ガヤガヤ。ガチャガチャといった音も聞こえ、うるさいです。
謙次が目を覚ましたのも、この騒音にさいなまれたためです。
 いつもはキュリアにゆすり起こされる謙次。しかし、どうやら家の中にキュリアは居ないようです。
(作者:今、謙次が居るのが2階。隣の布団にキュリアは居ないので、キュリアは1階に居るか出かけているかのどちらかですが、キュリアが早起きして何もせず1階に居ることはないので、おそらく外出しているのでしょう)
 キュリアの朝食を狩りに行ったのでしょうか? キュリアは、いつもトランズ島のモンスターを狩り、それを食糧としています。ただし、そのモンスターの肉は筋肉質で非常に硬く、マズく、とても謙次が食べられたものではありません。
 なので、キュリアは毎日、スーパーに食料品を買いに出かけています。いつもは夕食前に買いに行くようにしているのですが……
(そういえば、昨晩は俺たち、ゲームに夢中でキュリアが買い出しに出かけなかったな)
 2日前に手に入れたゲームに謙次がハマり、キュリアを付き合わせたのです。居候の分際で、迷惑なものですね。
(作者:謙次がこの時代に来てから、1年が経とうとしているのに、そういうところは成長していないんですよね)
 昨晩は、買い出しに行かず、冷蔵庫に残っているもので何とか済ませました。
 そのため、今朝は冷蔵庫がスッカラカンになっているはずです。
(だとすると、キュリアはモンスターを狩りに行っているんじゃなく、買い出しに出かけているんだろうな。さっきから眠いとは思っていたが、時間的にいつもキュリアが起きて出かけたすぐ後くらいじゃねぇか。なんなんだよ、こんな時間から騒がしいだなんて)
 この時、謙次は予知能力を使うことで、外がどうなっているのかを確認すべきでした。
 少なくとも、窓から顔をのぞかせて外を確認すべきではありませんでした。
 謙次は窓から外を確認し、絶句します。
 外でガヤガヤ騒いでいたのは、マスコミのような人たち。
 ガチャガチャうるさかったのは、カメラ等放送機材の準備のため。
 謙次が窓をのぞいてすぐ、マスコミは謙次の存在に気づきます。
 その数秒後、家の扉が強引に押し開けられる音が聞こえました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。