FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくろくじゅうななかいめ!

ケーケー「メカニカルキーボードを買ったよ!」
イノブン「メカ……なんだ、それは?」
ケーケー「メカニカルキーボード。昔一般的だった種類のキーボードだね。最近のキーボードは安く仕上げられるよう工夫がされている代わりに、同時押しが利かなかったり、押した感触・打鍵音が快適でなかったりするから、高いけどもメカニカルキーボードを買う人が多くいるんだ」
イノブン「へぇ。わざわざ高い昔のキーボードを買ったのか」
ケーケー「『昔の』と言っても、マニア向けに快適に使えるよう工夫のされたキーボードだからね。だから、……折角なのでキーボードをたくさん打ちたいという、普段はない衝動に駆られているんですよ」
イノブン「まぁ、普段はない衝動だろうな。……でも、好都合なんじゃないか?」
ケーケー「え?」
イノブン「最近、小説執筆が進んでないだろ? この期に書き貯め、……いや、『打ち』貯めしておけばいいんじゃないか? 小説を書くには、キーボードをたくさん打つだろうし」
ケーケー「……他に、何かキーボードを使う案は……」
イノブン「無視すんな」
ケーケー「小説書くくらいなら、まだタイピングゲームやってた方が楽しい」
イノブン「ブログつかって趣味で小説を書く人のセリフとは思えない……」


<前回のあらすじ>
 現実時間で夏が終わった今日この頃、小説内の時間軸では冬が訪れ、寒くなってきました。
 玄関の扉を開けるだけでも寒さを感じるレベルで、謙次は可能な限り引きこもっているようです。
 そんなとある日のお話。


<本編>
「メリークリスマス!」
 家の扉が開いたと同時に、声が聞こえました。
 声の主は、キュリアでした。
「クリスマスケーキ買って来たよー! 多分謙次には物足りないと思うから、追加でチキンとか、お菓子とかいろいろ買ってきたよ!」
 そう言ってキュリアが取り出したのは、生クリームたっぷりのきれいなホールケーキ。
 謙次はそのケーキに目を輝かせる……と思いきや、むしろとても嫌そうな顔をしています。
「えっと、……俺、イチゴ嫌いだし、……砂糖や生クリームみたいに甘すぎるものも苦手で……」
 なんとまぁ、好き嫌いの激しいクズでしょうか。
(作者:イチゴ嫌いの砂糖・生クリームを受け付けない僕も気持ちは分かりますが、そこは気持ちをぐっとこらえて食べないと)
 お前の趣向か!
「そうなんだ。取りあえず、一切れだけ食べてみようか」
 笑顔でそう言うキュリア。
「いや、だから俺は苦手で……」
「うん。だから、一切れだけ食べてみようか」
 謙次の発言を遮り、笑顔でキュリアはそう言いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。