スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくろくじゅうさんかいめ!

<前回のあらすじ>
 金貨の問題の3回目の挑戦を終えました。
 30分前に更新した話だから、多くの方は前回の話と同時に今回の話も読むでしょうし、大丈夫ですよね?
 ……よね?
 ……30分前に前回の話を読んで、今回の話を同時に読めなかった方に、深くお詫び申し上げます


<本編>
 続いて、5回中4回目の挑戦です。
 天秤も挑戦回数も○回目で表すので、紛らわしいこと極まりないですが、挑戦回数のほうは冒頭でしか記載しないので、以下は天秤を使った回数の方だと思ってもらって支障ないと思います。
 まずは、
・1回目 左皿:A1,A2,A3,A4 右皿:B1,B2,B3,B4
としたところで、天秤が釣り合いました。
「つまり、ニセモノは今天秤に載せなかったC1,C2,C3,C4,C5のどれか、というわけだな」
 謙次は言いました。
 続いて、
・2回目 左皿:C1,C2 右皿:C3,A1
としたところ、天秤は左に傾きました
 謙次は言います。
「A1は本物の金貨だから、この方法で実質C1,C2,C3の3枚の中でニセモノを絞れるわけだ」
 続いて、
・3回目 左皿:C1 右皿:C2
としました。
「天秤が傾けば、C1,C2のうち重い方がニセモノということになる。なぜなら、C1,C2はC3,A1よりも重いからだ」
 しかし、天秤は釣り合いました。
「逆に釣り合った場合、C1,C2は本物であるといえる。2回目の結果から、ニセモノはC1,C2,C3のどれかだということが分かっているから、ニセモノはこのC3の金貨だ!」
 謙次は言いました。
 なぜ、2回目の天秤で
・2回目 左皿:C1,C2 右皿:C3,C4
としなかったのか、もうお分かりでしょう。
 このようにしてしまうと、
・3回目 左皿:C1 右皿:C2
として釣り合った時、ニセモノはC3,C4のどちらかということは分かりますが、1枚に絞りきれないのです。
 したがって、C4を載せずに
・2回目 左皿:C1,C2 右皿:C3,A1
と本物の金貨を1枚乗せることによって、この方法での特定が可能となるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。