FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくごじゅうはっかいめ!

イノブン「今回の問題って、相当難しいわけだよな」
ケーケー「そのとおり! 超難問です」
イノブン「読者の中で、自力で答えにたどり着いた人は出ると思うのか?」
ケーケー「出ないと思うね。もし出たら凄く驚く」
イノブン「へぇ。どんな風に」
ケーケー「正解したのか、俺以外のヤツ(が作った難問)を・・・」
イノブン「OK。予想通りの回答をありがとう。まぁ、第1問から第4問までもお前が作った問題じゃないけどな」
ケーケー「この問題に正解するのは、謙次だけだと思ってた」
イノブン「OK。新鮮ネタとはいえ無理に引っ張らなくて良い。そろそろ読者も飽きる」
ケーケー「大丈夫。このネタ(※1)で利用できる部分はもうナレーションとテレレレレー↑くらいしかないから」
イノブン「ニコ動ランキングに上がる割には素材不足だもんな」
ケーケー「少ない素材で健闘することに対する賛美というわけですね」
(※1:『今夜』で検索)


<前回のあらすじ>
【第5問】
 13枚の金貨がある。この中の1枚がニセモノであり、その1枚を特定したい。
 本物の金貨は全て同じ重さであるが、ニセモノの金貨だけ重さが異なる。ただし、ニセモノの金貨が本物の金貨と比べ、軽いか重いかは分かっていない。
 3回だけ天秤を使い、ニセモノの1枚を特定しなさい。 
※今回はややヒントを含みます。


<本編>
 あれから特に進捗も無いまま、1時間が過ぎました。
 この間、謙次は何もしていなかったわけではありません。
 1回目の天秤に、片方3枚ずつ乗せたときの解決法を考えていたのですが、結局分からず仕舞いで終わってしまいました。
 そんな時でした。
『……聞こえるかい、謙次』
 ふと、フェニックスの声がしたのです。
『その様子だと、聞こえているみたいだね。……あ、そのまま動かず、何も考えず、声も出さずに。やつらに見つかったら、一巻の終わりだから』
 フェニックスの言う『やつら』とは、お面の人たち、キリスト教過激派のことでしょう。
『ちなみに、この問題を考える際は、金貨にアルファベットと数字をつけて考えると分かりやすいよ。たとえば、1回目の天秤にかける際、左側に乗せる金貨をA1,A2,A3,A4。右側に乗せる金貨をB1,B2,B3,B4。乗せなかった金貨をC1,C2,C3,C4,C5とそれぞれに名前をつけると、2回目以降どうすればいいかがとても考えやすくなる』
 今フェニックスが言ったのは、1回目の天秤で片方4枚ずつの8枚を乗せるという状況です。……ということは、1回目の天秤はそのようにするのが正解、ということなのでしょうか?
 フェニックスは続けて言います。
『さて、本題に入ろう。まずこの問題のヒントを伝える前に、一つ忠告したいことがあるんだ』
 脳内に響くフェニックスの声からは、これまでに無いほどの緊張感を感じました。
 それだけお面の人たちに気づかれるのを恐れているのに、ヒントより先に伝えたいこととは、一体何なのでしょうか?
『君がその問題に挑戦してから、早くも4時間が経過した。……実は、君があと15時間以内にこの問題を解かないと、世界中で君のような被害者が続出するかもしれないんだ』
 今の謙次は人質のようなもの。
 謙次が問題に挑戦している間に、お面の人たちは次にこの空間に拉致する人を連れ出そうとしています。
 今は、その前準備中で、それが1日以内に終わるとのことでした。フェニックスの口ぶりからすると、その前準備が終わるのがあと15時間程度といったところなのでしょうか?
『もし、あと15時間以内に君がその問題に正解できなければ、君のような人質がまた数人増える。そして、その人質を使ってまた数人増える、といったように被害者が増え続けるんだ』
 フェニックスは一息置いて、続けます。
『逆に、もし君が15時間以内に正解できれば、人質のかせが無くなって僕も自由に行動できる。およそやつらの不思議な術の真相を暴いたから、人質さえいなければやつらの前準備が終わる前に全員捕まえることができると思う』
 なるほど。
 つまり、謙次はなんとしてもあと15時間以内に正解しなければならない。
 そういう意図だと思って、謙次は聞いていましたが、
『……でも、絶対に無理はしないでくれ』
 フェニックスは言いました。
『君がその空間にいるうちは、僕も隙を見て助言できるだろうし、……最悪長い時間をかけて君を助け出すこともできるかもしれない。……だが、もし君が不正解でもして、別空間に幽閉されでもしたら、おそらく僕は助けることはできない。だから、絶対に不正解だけは出さないでくれ。まず、ヒントを伝える前に、それだけ伝えておきたかったんだ』
 いつものようなおふざけ感が一切感じられない、フェニックスの真剣な声。
 そんな声で『絶対に不正解をするな』と伝えたのは、謙次の身を案じてのことなのか、はたまたフェニックスがお面の人たちを捕まえる上での足かせになりうるからなのか?
 そんなことを謙次は疑問に感じましたが、すぐにその疑問を引っ込めました。
 なぜなら、今はその疑念こそがただの足かせでしかないからです。
『さて、じゃあヒント……もとい、この問題の答えだけども』
 フェニックスは言います。
『そろそろ気づかれそうだから、イメージで送るね。さっき言ったとおり、1回目の天秤の左側に乗せた金貨をA1からA4、右側に乗せた金貨をB1からB4、乗せなかった金貨をC1からC5で表記してあるから、……ちょっと痛いけどごめん!』
 早口でフェニックスが言い切った途端、謙次は激しい頭痛を感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。