FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくごじゅうよんかいめ!

ケーケー「これまで1週分のストックをためるようにしていたのに、ついに使い切ってしまった」
イノブン「ん? つまり、今回の更新分は実際先週に書いた分なのか?」
ケーケー「その通りです。最近、予定が安定しないから1週分ストックするようにしていたのですが。……平日にストック1回分つくれるかな。……あ、でも今日ちょっと手直しを加えて読みにくいところを修正したので、実際には先週書いた文から少し変わっていますよ」
イノブン「……つまり、ストックを置くようにすれば、お前の分かりにくい駄文を少しは洗練させて読むことができる、というわけだな?」
ケーケー「え? 駄文?」
イノブン「なら今から書け! ストックしろ!」


<前回のあらすじ>
 第4問に正解しました。


<本編>
「よくやったね、謙次!」
 キュリアと謙次が互いに家から出たところで、キュリアが言いました。
「あとは、次の問題だけだね!」
「……やっぱり、俺が最終問題に挑戦することになるのか」
 謙次は言いました。
 この空間では、1問正解する毎に、1人だけ元の世界に帰還させられます。しかし、第4問で帰還することになるのは、キュリアの予想ではキュリア自身になるそうです。
 ……そうらしいのですが、一体なぜ第4問で、キュリアが帰還することができるのでしょうか?
 キュリアは言います。
「そりゃあそうだよ。だってこのお面の人からすると、謙次を人質にすることで、フェニックスに邪魔されずに宗教活動できるようになるんだもん」
「……え?」
 明らかにされた、お面の人の狙い。
 お面の人は、キリスト教過激派に所属する教徒の1人。
(作者:キリスト教過激派のくだりは、14回も前の話なので忘れているかもしれませんが、そうなのです。このお面の人、宗教団体過激派の一員なのです)
「……今の話をして、強制帰還されなかったってことは、あんたの狙い、話して良いって事だよね?」
 キュリアは尋ねます。
 第1問クリア後、お面の人の狙いに気づいたフェニックスはみんなにそれを伝えようとしました。しかし、その時はフェニックスが伝える前に、お面の人がフェニックスを強制帰還させてしまいました。
 今回は、キュリアは強制帰還させられていません。つまり、
「ああ。最後の問題に挑戦する上で、私の目的が謙次にバレても一切支障がでないからな」
ということです。
「そう。じゃあ謙次にも分かるように、詳しく説明するね」
 キュリアは一呼吸置いて、説明を開始します。
「まず、このお面の人が所属している宗教団体過激派。この団体は、私たちが普段使わない特殊な能力を使って、過激な宗教活動をしているんだ。たとえば、私たちがこの空間に閉じ込められたのも、この団体の特殊な能力によるものだね」
 謙次は頷きます。今までクイズに集中していたので、このあたりの設定を忘れかけていましたが、謙次はその設定を思い出しながら、キュリアの話に耳を向けます。
 キュリアは説明を続けます。
「このような能力は、私たちがよく使う魔法・個体能力・バージョン変化・呪文とは全く別のものだから、対処の方法が分かりにくいんだ。あのフェニックスでさえ手を焼いていて、事件が起きてもどこの団体がやったのか分からないことが多いし、そもそも事件が起きたかどうかさえ分からないことだってあるんだ」
 最強のモンスター、フェニックス。
 光の速さで正確に動くことができ、常に7人くらいに分身して行動し、かつそれができるだけの頭の良さの持ち主です。エリート中のエリートで、20年ほど最強の座に居座っている天才モンスターです。
 『先読み』と言われる読心術で、相手の考えを読み取ることができ、また世界政治の頂点に君臨しているため、フェニックスのいるこの世界での犯罪に及んだ人は皆すぐに逮捕されてきました。
 犯罪に及んでも、フェニックスにすぐバレるのです。
 この、宗教団体過激派を除いて!
 キュリアは説明を続けます。
「フェニックスが手を焼く宗教団体過激派だけども、宗教団体過激派も徐々に犯行が明らかにされ、確保されてきているんだよ」
 一方で、お面の人は、
「犯行……? いや、我々が行っているのはジーザスの教えであって……」
などと供述しております。
 無視して、キュリアは説明します。
「宗教団体過激派が独自に開発した能力を使っても、逮捕される可能性がある。だったら、いっそのこと人質を取ってフェニックスが手出しできないようにすれば良い、……というのが、お面の人の目的だよ。合ってるよね?」
「……いかにも」
 お面の人は言いました。
「まずはキュリア、お前に消えてもらい……」
 瞬間、キュリアはその場から居なくなりました。
 お面の人は、謙次の方を見て、言います。
「そして、お前に5問目を解かせておくことで、今後の宗教活動が妨害されずに済む、というわけだ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。