FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリアと謙次 さんびゃくごじゅうさんかいめ!

ケーケー「ひょんな理由でデスクトップPC用の無線子機(デスクトップPCでインターネットをするが使えなくなってしまったので、今週の更新も延期で……」
イノブン「お前、ノートPCとUSBメモリを持ってるから、それでデスクトップPCからデータ移して更新できるだろう?」
ケーケー「……でも、面倒なんだよなぁ」
イノブン「不可能じゃないだろう? 可能だろう?」
ケーケー「……はい」
イノブン「……という感じで、今回分の延期は阻止されましたとさ。めでたしめでたし」


<前回のあらすじ>
【問題4】
 キュリアの家から謙次の家まで宝石箱を郵送し、中の宝石を謙次に届けたい。しかし、宝石箱をそのまま郵送すると、中の宝石が泥棒に盗まれてしまう。宝石箱には南京錠を掛けることができ、南京錠を掛けてさえいれば、泥棒に宝石を盗まれることはない。しかし、南京錠を掛けたまま宝石箱を郵送しても、謙次は中の宝石を取ることはできない。中の宝石を盗まれないように謙次に宝石を届けるためには、どうしたらよいか?


<本編>
 謙次は、自分の導き出した解法をキュリアに告げました。
 告げ終わった後、しばらくして、キュリアは言います。
「……うん、正解だよ。よく分かったね!」
 どうやら謙次の解法は正しかったようです。
 数十分悩んだ末、導き出した解答。果たして、それはどのようなものなのでしょうか?
 以下、解答です。
「じゃあ、宝石箱を送るねー」
 まず、キュリアは宝石箱に南京錠を掛け、ポストに入れます。
 お面の人は、その宝石箱を謙次の家に運びます。
 宝石箱が、謙次の家のポストに入りました。
 しかし、当然ながらこの宝石箱、南京錠が掛けられていて、謙次は開ける事が出来ません。
 この宝石箱の鍵は、キュリアが持っています。
 では、ここからどうするのか?
 ここでなんと、謙次は自分の家にある南京錠を宝石箱に掛けて、キュリアに送り返したのです。
 南京錠が2個かけられた宝石箱が、キュリアの家に届きます。
「お、来たねー。じゃあ、鍵を外して送り返すねー」
 なんと、今度はキュリアが宝石箱から南京錠を外しました。もちろん、外すことができる南京錠は、キュリアが最初に掛けた方だけです。もう1個の南京錠は、鍵が謙次の家にあり、外すことができません。
 しかし、これで良いのです。
 キュリアは再び宝石箱を謙次の元へ郵送します。
 この宝石箱には南京錠が取り付けられているので、泥棒には盗まれません。
 さらに、この宝石箱に掛けられた南京錠の鍵は、謙次が持っています。
 こうして、宝石を泥棒に盗まれること無く、謙次は宝石を手に入れることができ、第4問を突破することができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。