FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくごじゅっかいめ!

ケーケー「最近、更新が不定期になり気味で申し訳ございません」
イノブン「……最近、忙しかったりするのか?」
ケーケー「名古屋から東京に引っ越すことになってしまって……。今週の土日は無いようなものでした」
イノブン「……ガチで忙しそうな案件だな。てっきり、また白猫とかぷよぷよとか艦これとかのせいにするのかと……」
ケーケー「あと、ごちうさ1期がニコニコ動画で全話無料配信されていたので、全部見ていたら時間が……」
イノブン「やっぱりかい! 『今週の土日は無いようなもの』とか言っておきながらそれかい! しっかり休んでるやないかい!」
ケーケー「……休みは重要! メリハリをつけなきゃ!」
イノブン「だったらきちんと定期更新しろ!」


<前回のあらすじ>
 第3問に正解しました。


<本編>
「ご名答」
 お面の人がそう告げると同時に、謙次たちの緊張が解けました。
 クイズ中は、言葉を発することもできなければ、表情を変えることもできません。自分の意思とは関係なく、強制的にそうさせられるのです。
 さて、自由にしゃべれるようになったこの段階で、キュリアは言います。
「今回も誰かもとの世界に帰れるんだよね? 私かな? ガイかな?」
 一見何の変哲もないこの言葉。
 確かに、1問正解するごとに誰か1人が元の世界に帰ることができます。当然、第3問を正解した今、誰かが元の世界に強制送還されることでしょう。
 しかし、キュリアの言葉にお面の人は反応した。
「気づいたのか?」
 同時に、ガイの姿が消えました。元の世界に帰らされたのでしょう。
 キュリアは答えます。
「うん。あんたの狙いには気づいてるよ。第4問が正解できた暁には、私を帰らせてくれるんだよね?」
 お気づきいただけただろうか?
 さっき、キュリアはこう言いました。
『今回も誰かもとの世界に帰れるんだよね? 私かな? ガイかな?』
 次に、キュリアはこういいました。
『第4問が正解できた暁には、私を帰らせてくれるんだよね?』
 ……それでは、まだ気づけない方のためにもう一度……
(作者:やめい! くどいわ! 要するに、謙次は最終問まで帰れないと、キュリアは言っているんだろ!)
 なぜなのかは分かりませんが、キュリアはそう考えているようです。お面の人の計画に感づいたようですが、……果たしてどういった計画なのでしょう?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR