FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくよんじゅうごかいめ!

ケーケー「今日『歴史を刻め』っていうラーメン屋に行ってみたら、定休日だったキレそう」
イノブン「自業自得だろ。定休日を調べなかったお前が悪い」
ケーケー「私、何しに往復1000円出して遠出したんだろう」
イノブン「いや、そんなに出すくらいなら事前に調べておけよ。お前の感覚を疑うよ」


<前回のあらすじ>
 問題。
 3段の階段と、それに面した小部屋がある。階段に3人、1段ずつ(キュリア・ガイ・マリエルの順に)立ち、小部屋に1人(謙次が)立っている。
 赤と白の帽子が2個ずつあり、それを階段に立っている人には交互に(つまり、キュリアには赤、ガイには白、マリエルには赤の帽子を)被せ、小部屋の謙次には白の帽子を被せた。どの色の帽子を被せられたのか、本人には分からない。ただし、皆赤と白の帽子が2個ずつであることを知っており、階段の上の段からは、下の段の人が被っている帽子が分かる。
ケーケー「つまり、もしキュリアが赤、ガイが赤の帽子を被っていたら、赤の帽子は2個しかないのでマリエルは自分の被っている帽子が白色であることが分かるわけです。マリエルからは、キュリアとガイの被っている帽子の色が見えます」
イノブン「でも、実際はキュリアが赤、ガイは白の帽子を被っているから、マリエルが帽子の色を分かるとは到底思えないんだよなぁ」
 問題のつづき。
 自分の帽子の色以外、答えることは許されない。
 もし、答えた帽子の色と自分の被っている帽子の色とが同じ色であれば、ゲームクリア。
 しかし、そうでなければ全員がゲームオーバーとなる。
 ……さて、この中で1人だけ、自分の帽子の色が分かる人がいる。
 それは一体誰か?
ケーケー「……というのが、問題の趣旨です」
イノブン「相変わらずなげぇ」
ケーケー「ただし、謙次は小部屋に閉じ込められ、回答しようにもキュリアたちの帽子の色が全く見えないので、自由に動けるようにしてもらえました」
イノブン「そして、みんなが被っている帽子の色を教えてもらい、誰が自分の帽子の色を答えられるか考えていたところで、前回は終わりました」
ケーケー「今回は、ヒント編です。答え合わせはまた次回」


<本編>
 1分ほど、謙次が答えを導けずに悩み続けているのを確認して、お面の人は言います。
「では、お前にヒントをやろう」
「ヒントだと?」
「ああ。2つ、ヒントをやろう。1つ目だが、まず今回の条件では、すぐに自分の帽子の色を当てることはできない」
「すぐに当てることは出来ない?」
「そうだ。おそらく、やつはもう自分の帽子の色の検討がついているんだろう。……だが、念には念を入れて回答を控えているだけだ」
「……さっぱり意味が分からない」
「では、2つ目のヒントだ。この問題、3段目のマリエルは自分の帽子の色が分からない」
「……そりゃあ、そうだろうな」
「以上だ」
「……え? 今ので2つ目のヒント終わり?」
「そうだ」
「……1つ、すぐには回答できない。2つ、マリエルさんは回答できない。……だから何だって言うんだ」
「……おそらく、やつはもうしばらく回答を控えるだろう。その間、じっくり考えるといい。どの道この小部屋にいるお前は、何の貢献もすることができないのだから」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR