FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくよんじゅういっかいめ!

ケーケー「ちなみに、電灯があるのに周りは闇、というこの空間は、光吸収率のめちゃくちゃ高い素材で壁を覆うことで実現できると考えています」
イノブン「え? 光吸収? なんだって?」
ケーケー「現実世界には、光吸収率99.96%の材料があります。その材料『ベンタブラック』は、レーザーポインターを当ててもその光が見えず、『しわ』すらも見えなくします」
イノブン「よく分らんが、何か凄そう」


<前回のあらすじ>
 謙次が目を覚ますと、そこは何もない真っ暗闇の中。
 キュリア、マリエル、ガイ、フェニックスが一緒にいる中、突如現れたのはお面をつけた黒マント。
 どうやら『キリスト教過激派』の一員のようです。
「よって、お前たちにはこれから、クイズに挑んでもらう!」
 お面の人は、謙次たちにそういいます。


<本編>
(作者:ちなみに、この空間ではフェニックスたちは魔法も個体能力も使えないようです)
 ここで話すな。ちゃんと魔法が使えなくて困っている描写を書け。手抜きに思える。
(作者:実際手抜き工事なので)
 おい。
「着いたぞ。ここが第1問の間だ」
 お面の人についてしばらく歩いた先に、闇の晴れた空間がありました。
 そこにあったのは、5段の階段。何の柄も無い真っ白な階段です。段の幅も狭く、1段に1人しか立てそうにありません。手すりなど横に支えとなるものもなく、空間の真ん中にぽつんと階段だけが置かれていました。
 お面の人は言います。
「第1問から第3問までは、帽子の色当てクイズだ」
「帽子の色当て?」
 謙次はオウム返しします。お面の人は続けて説明します。
「ルールは簡単、自分の帽子の色を予測して当てる、それだけだ」
「え? それって自分の被ってる帽子を取って見ればいいんじゃないのか?」
 お面の人は、やれやれ、という素振りを見せ、謙次の問いに答えます。
「それじゃあクイズとは言わないだろう。このクイズでは、お前たちの行動は制限される。例えば、この第1問では自分の下の段の者以外を見てはいけないし、自分の帽子の色を答えるまでは何もしゃべってはいけない」
 一呼吸おいて、お面の人は続けます。
「このまま第1問の説明をしよう。第1問ではそこの階段に1人1段ずつ立ってもらう。立つ順番は自由に決めてもらってかまわない。階段に立つとき、降りるほうに向いてもらう。体の向きは変えてはいけない」
「なるほど、つまり自分より下の段にいる人の帽子の色は見てもいいわけだ」
「その通りだフェニックス」
 お面の人は頷きます。
「全員が1段ずつ階段に並んだならば、一番上の段の者から順に、自分の帽子はこの色だと思う色を当ててもらう。帽子の色は、赤・緑・青のいずれかであり、ここではその『赤』・『緑』・『青』という答え以外を禁ずる。また、お前たちは皆、この場面以外で何一つ言葉を発してはいけない」
 なるほど。つまり周りを見回してはいけないし、おしゃべりもいけない。例えば、一つ下の段の人にこっそり帽子の色を教えるといったようなことをやってはいけないわけですね。
「ルールは以上だ。一番上の人を除き、自分の帽子の色を正しく答えられなかったものはゲームオーバーだ。また、無駄口を叩く等、先ほど伝えたルールを破ったものもゲームオーバーだ」
「ゲームオーバーになるとどうなるんだい?」
 フェニックスの問いに、お面の人は、
「この世界に永久に閉じ込められる。我々の意思が働かぬ限り、その者は二度と元の世界に戻ることが出来ない」
「なるほど、人質になるわけだ」
 フェニックスがそう言うと、お面の人は咳払いをして続けます。
「なお、第1問は階段に並ぶ前に、お前たちで話し合う時間が与えられる。時間は無制限。好きなときにゲームを始められるが、一度はじめたら先ほど述べたルールに縛られる」
「分かった。じゃあ、みんな」
 フェニックスは言います。
「このクイズの答えを教えておこう」
「何っ!?」
 謙次だけが驚きました。他の3人は、
(まぁ、フェニックスの頭なら当然か)
と思っていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR