FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくさんじゅうななかいめ!

ケーケー「前書き雑談コーナーは追記にて」
イノブン「それ、『前』書きって言わなくない?」


<前回のあらすじ>
 ミカエルが作った巨大迷路について
・長方形
・スタートとゴールの位置は見えるが、その内部がどうなっているのか分からない。
・白紙の地図を、謙次が埋めながらゴールをめざす。
・コンパスも持っているので、埋めた地図の方角は分かる。
 しかし、思いのほか道の距離感がつかめず、地図にどのくらいの長さで道を書き込んでいいのかが分からなかったのが前回です。
「そこはとりあえず適当でいいですよ」
 こうアドバイスするミカエル。
 何事もそうですが、どうしようもないところはきっちりとやろうとせず、やれる範囲でやることが重要なんですよね。


<本編>
「……またかよ」
 行き止まりに着き、謙次はため息を漏らしました。
「このあたりの道、全部行き止まりじゃないか。本当にゴールに通じている道はあるのか?」
「もちろんありますよ。それに、まだ通っていない道もあるじゃないですか」
 謙次が書いた地図を見ると、2個前までの分岐点の道は全部行き止まりになっているが、最初のほうの分岐点でまだ先が書き記されていない道が何本かありました。
「でも、また新しい道を書き込まないといけないしなぁ。どのくらいの長さの道か、その距離感があまりつかめてないから、地図に道を書くときは割りと頭使うんだよなぁ」
 実際、謙次の書いた地図には、ぐにゃりと曲がって迷路外に突き出している道が1本、記されていました。迷路の道はすべてまっすぐの道なので、本来なら曲がった道などあるはずがありません。また、迷路の全体は長方形なので、曲がった道が外に突き出しているなどというはずもありません。
 これは、迷路の端まで道が続いていると思って記したものの、実際その奥にもう1本道があったため、このような書き方がされているのでした。簡単に修正できるところなら、ペン裏で道を消せば良いだけなのですが、そうでない箇所がこのぐにゃりと曲がった1本の道の箇所なのです。
 このように、この迷路探索は割りと疲れます。謙次も小1時間さまよい、若干イライラしていました。
 そこで、ミカエルは言います。
「それが嫌と言うのでしたら、入り口に戻って帰っても結構ですよ」
「え? いいのか?」
「はい」
 ミカエルは笑顔で返事をします。
……こう付け加えて。
「ここまでの謙次さんの頑張りが水の泡になっても言いというのでしたら、結構ですよ」
「……やっぱり、ゴールを目指すよ。分岐点に戻ってやり直そう」
 謙次はこの迷路をそこそこ頑張って、道を埋めてきました。
 たとえ行き止まりの道を書いていただけだとしても、迷路地図の半分近くを埋めることができているので、まったくの無駄ではありません。むしろ、行き止まりの道が分かって、ゴールを目指しやすくなっています。
 この成果を、すべて水の泡と化すのか。
 否。そんなもったいないことはできない。
 そう思い、迷路クリアに向けて謙次は再度歩み始めるのでした。
(作者:ストレスが溜まり、時間も浪費するけど止められない。つまり、ソシャゲのようなも……)
 それ以上はいけない。
<ストレスが溜まり、時間も浪費するけど止められない。つまり、ソシャゲのようなも……>
ケーケー「パズドラなどのソシャゲでそう感じるかは個人差があると思いますけどね」
イノブン「まぁ、そうなるよな」
ケーケー「……個人的に艦これはこの部類に入るかと」
イノブン「……まぁ、そうなるな」
ケーケー「あとは、マインクラフトでも似たような何かを感じましたね。何なんですかね、アレ? すぐ死んで数時間かけて集めた成果が無駄にされるのに、なぜかやめられないんですよ」
イノブン「あとお前、最近知恵の輪みたいなやつでも、こんな感じにならなかったか?」
ケーケー「キャストパズルのnut case〔ナットケース〕ですね。見た目、分解できないナットケースを分解するというパズルです。分解の仕方は15分程度で分かりましたが、そのためには数分の差なくナットを特定の位置にあわせる必要があるので、5時間ほど挑戦して、いまだ分解できていません」
イノブン「パズルを解くのに15分、実際にその通り実行するのに5時間以上かかるとは、どんなパズルなんだよ」
ケーケー「これは本当にエグい。でも、仕組みが分かった以上はなんとしてでも解きたい」
イノブン「ストレスが溜まり、時間を浪費するだけだからやめとけ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR