FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「ぷよぷよの連戦で勝てない……」
イノブン「連戦?」
ケーケー「アーケードのぷよぷよは基本、2本先取り勝負で負けたほうが交代するんだけど、交代せずに連続で、30本とか50本とかやりたいときもあるわけです」
イノブン「それが、連戦ってやつか」
ケーケー「そういうこと。最近、50本の連戦を3回やったんですが、3回とも負けてしまったんですよね」
イノブン「まぁ、弱いと負けるよな」
ケーケー「それもあるんだけど、20-20くらいまでは割りといい勝負ができるのに、それ以降連続で負け越して、最終的に30-50まで差をつけられちゃうんですよ」
イノブン「20回勝ってから、何があったんだ?」
ケーケー「頭の回転が鈍ったり、操作を間違えたり、見当違いのプレイをしたり……」
イノブン「……お前、そういえばスタミナ無いほうだよな? いっそのこと、ぷよぷよのために早朝ジョギングでもしてスタミナ付けたら?」
ケーケー「さすがにそれは極論だろ!」


<前回のあらすじ>
「『アピア』で謙次さんの欲しいものを作って差し上げようかと思うのですが、どうでしょう?」
 そんなミカエルの提案に喜ぶ謙次。
「じゃあ、ゲームとかは? 俺の元いた時代に、やたらレベルの上がりにくいRPGがあったんだけど、そういうやつ! すごい長いゲームで、レベルが上がりにくいわりに、ラスボスはレベル90くらいじゃないと倒せない感じの! それから……」


<本編>
 謙次は手に入れました。
 謙次の考えた、最高のRPGを。
 ミカエルの霊属性魔法によって。
 ……しかし、
「なぁ、ミカエル」
「どうしました? 謙次さん」
「……これ、何か違う」
 謙次がゲームを手に入れ、起動してから約15分。
どこかよく分からない町に着陸し、空いているベンチに座り、プレイを進めている途中で、謙次は語りだしました。
「確かに俺は言ったよ。『面白いストーリー』のゲームが欲しいと」
「言いましたね」
「……でも、これはさすがに無いわ」
 ミカエルの魔法によって現れたダサい専用ゲーム機から、こんな音声が聞こえます。
『勇者様、私、あなたの奴隷になります!』
『ちょww なにそれww 面白すぎww 草生えるww』
『いえいえ、勇者様のその言葉遣いのほうが面白いですよ』
『何それww けなしてるつもりww でもww なぜか嬉しいww』
『こんな言葉で喜んでもらえるとは、このゲームのプレイヤーさんはさぞかし、面白がっているでしょうね!』
「何もおもしろくねーわ!!」
 怒鳴る謙次。
「会話が成立していないとか、突っ込むべきところはいろいろあるけど、これ、『面白い』という方向に無理やり持っていこうとしてるだけだろ!!」
「『面白い』などの感性は、霊属性の苦手とするところなんですよ。ある程度曖昧な指定でも、おおよそ要求したとおりのモノを作れる、便利な魔法なのですが、美的センス、面白みなどの感性は期待しない方がいいのです」
「霊属性って、欲しいものをなんでも作れる魔法じゃなかったのか?」
「いえ、ちゃんと謙次さんの指定した『面白いストーリー』のゲームになっていますよ」
「どこが!?」
「謙次さんが『面白い』と思えば、このゲームのストーリーは面白くなるはずですよね?」
「まぁ、……そうかもしれないけど」
「解釈の問題ですよ。謙次さんが面白いと思えば面白い、そんなストーリーのゲームという意味の、『面白いストーリー』のゲームができてしまったわけですね」
「どう解釈したらそうなるんだよ!?」
「でも、システムに関しては、謙次さんのおっしゃった通りのものになっているはずですよ?」
「ああ。そうなんだが……」
 歯切れの悪い言い方をする謙次。
 実際、このゲームのシステムは謙次の言ったとおりのものになっていました。
 しかし、その上で、謙次はこう感想を述べます。
「つまらない」
 謙次の要求の1つ、やたらレベルの上がりにくいRPG。
 最初のボス戦の前に、やたら長くて複雑な道を抜けたかと思うと、それでもレベル2までしか上がらず、ボスを倒すには飽きるくらいにザコ敵を倒す必要がある、そんなゲームになってしまったのです。
「こういうゲームがあれば面白そうだと思ったけど、実際にプレイするとこうもつまらないとはね」
「普通の人が思い描く理想のモノって、そんな感じだと思いますよ。世の中に出回っているモノのほとんどは、多くの意見を厳選して出来た優れたアイデアを元に出来ています。なので、ものにもよりますが、理想のモノを実現できたとしても、満足できる結果になるかは分かりません」
「そういうものなのか、……確かに、そうかもな」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR