FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅういっかいめ!

ニュース発表:デモ参加者10万人 ⇒ 実際:デモ参加者7千人
ニュース発表:デモ参加者12万人 ⇒ 実際:デモ参加者3万人
ケーケー「数値まで改ざんされるとは……。ニュースって、見る必要なくないですかね?」
イノブン「250回目付近で、お前、ニュースは見たほうがいいって言ってたけどな」
ケーケー「今見直したんですが、その250回目付近の回で、思い切り動画のチャンネル名を伏せずに出してますよね。……いろいろとやらかしてるなぁ」
イノブン「著作権問題が心配で、東方の実況プレイ動画をニコ動に上げかねているやつの言うセリフとは到底思えない」


<前回のあらすじ>
1.精神と○の部屋につれられた。
2.アルラウネ「この部屋で過ごす権利を1週間あげる。その間に、たっぷり修行するといいわぁ」
3.アルラウネ「1週間経ったら、問答無用でスザクの前に連れて行くわぁ」


<本編>
 時系列を、キュリアの元いた未来まで進めます。
「……くっ!」
 スザクは自室でいきり立っていました。
 後一歩で殺せるはずだったキュリア。そんなキュリアが消えてから約2週間。自身の正義が果たせず、そのことに対し、いまだにスザクは苛立ちを感じていました。
(あそこでフェニックスが庇わなければ……)
 キュリアにとどめをさそうとした際、謙次がその射程内にいたこともあり、フェニックスはスザクの攻撃を止めたのです。
(俺の攻撃を遮らなくとも、フェニックスくらいのレベルなら、謙次とかいうガキを俺の攻撃の射程外に移すことだってできたはずなんだ! なのに、まさかフェニックスがジェノサイドを助けるだなんて!!)
 こう言われると、スザクの意見がもっともらしく聞こえますね。フェニックスは、キュリアの命の危機を助けないと約束したはずだったのに。
(作者:でも、普通に考えたら、フェニックスがキュリアを助けられる状況が生まれたら、そりゃあ助けますよ。何たって、フェニックスはキュリアと仲良いですし。実際、『キュリアじゃなくて謙次を助けた』と言い訳できるからこそ、フェニックスは動いたんです)
 まぁ、確かにフェニックスとキュリアとの仲を知っていれば、それくらい想定できますよね。
(作者:そもそも、スザクが手早くキュリアを葬らんと動いていれば、謙次の行動、フェニックスの行動関係なくキュリアを殺すことができていたのに……。あえて手を抜き、キュリアをいたぶって謙次に解決策を浮かばせてしまったのは、一体どこのどいつなのでしょうか)
 ……そう言われると、スザクの意見がアホらしく聞こえますね。自分に一番責任があるのに、人のせいにしてるだけじゃないですか。
(作者:所詮、ものは言いようなのです。だから、皆様もニュース等を見る際は、言葉にだまされることなくその内容を……)
 それ以上いけない。これは、時事問題を議論するための記事じゃないから。
(作者:僕の周りの人はよく言うんですよ。戦争反対とか言ってるけど、一体どこと戦争する気なのかって……)
 やめい! 確かに、『これだけの人が反対してるのに、なんで法案を通すのか』とか言ってた人の言葉を聞いて、『いや、12万人(※3万人です)の人が反対と言ってるけど、それ国民全体からするとほんの一部じゃん』とか思ったけど、この話の中でそういうの議論する必要ないから。
(作者:……意見の代弁乙)
 ……さて、気を取り直して、……どこまで話を書いたっけ?
 ともかく、スザクは自分のことを棚にあげて、無性にいらだっています。
 そんな中、突如、部屋の中に人の気配が感じられるようになりました。
「何者だ!?」
 声を上げ、スザクが気配のするほうを振り返ると、そこには……。
 ……キュリアと謙次がいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR