FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくじゅうはっかいめ!

ケーケー「ドラえもんのセワシ君っているじゃん」
イノブン「……いるな。のび太の孫だっけ?」
ケーケー「正確には孫の孫らしい」
イノブン「『おじいちゃん』と呼んでるのにか?」
ケーケー「そのセワシは、何でドラえもんをのび太の元に向かわせたか、覚えてる?」
イノブン「……未来を変えるため?」
ケーケー「のび太がジャイ子と結婚して作る予定の借金をなくすためらしいです。その借金がセワシの代まで響いているため、なんとかのび太を変えようというのが、ドラえもんの目的です」
イノブン「なるほど」
ケーケー「しかし、そこで問題となるのが、『このままのび太が変わると、しずかちゃんと結婚することになるが、果たしてセワシは生まれてくるのだろうか?』ということ」
イノブン「確かにな」
ケーケー「2chで見たうろ覚えの知識ですが、のび太がしずかちゃんと結婚しても、その子どもがジャイ子の子孫と結婚すれば、結局セワシは生まれる、そういう意見があるらしいのですが……」
イノブン「……そういわれればそうかもな」
ケーケー「少なくともこの『キュリアと謙次』では、そうはならない。むしろ、未来が大きく変わる危険性がある!」
イノブン「お前の書いたクソ溜まりみたいな小説は、どうでもいいんだよ!」
ケーケー「ひどい! ……あ、僕のうろ覚えの知識が間違ってたら、コメントか何かをお願いします」
イノブン「露骨なコメ稼ぎ乙」
ケーケー「ドラえもんオタはわりと居るから、敵に回したくないんですわ……」


<前回のあらすじ>
 第一魔法時代。キュリアの元いた未来よりは過去だが、一応魔法は使える時代に、キュリアと謙次はやってきました。
 しかし、飛ばされた先はなんと空〔そら〕!!
 滞空魔法がうまく発動せず、どうやって生きたまま着地すれば良いか悩むキュリアたち。そこに、キュリアでも謙次でもない謎の声が。
「おやぁ、お困りですかぁ?」


<本編>
「アルラウネ!?」
 思わず声を上げるキュリア。
 そこにいたのはアルラウネ。彼女は、フェニックス、ミカエル、レックスたちとナンバー4〔フォー〕を構成する、その内の1人です。
(作者:ナンバー4。キュリアのいた未来の世界でトップ4を誇る実力を持つ人たちのことですね)
 アルラウネは、時を操るエルフです。時間を止めてその間に手数を打つなど、対処のしようがない攻め方ができる、そんな猛者です。
 ただ、この時代はキュリアのいた時代よりも遥かに過去。そんな未来の人と、こんなところで出会うとは。しかも、出会ってしまった人がナンバー4の一員とは。
「お久しぶりねぇ、キュリア。それと、謙次君、……だったかな?」
 緑髪の、少し年上のような風貌の少女。そんなエルフに自分の名前を呼ばれ、ようやく謙次はアルラウネのことを思い出しました。
 アルラウネは続けて言います。
「元々2人のいない中途半端な時代に来ちゃったねぇ。……けど、こんな時代だと些細な影響を与えるだけで、未来が大きく変わるから、あまり変なことをして欲しくないのよぉ」
 おっとりした口調ではあるものの、その言葉から真剣さが伝わってきます。
「たとえば、木の実を一個食べるだけでも、未来って大きく変わるのよぉ。もし、その木の実を食べれば餓死せずに済んだ人が餓死して、その子孫がいなくなることで未来を大きく変えたり。または、木の実がもたらす種が、その後の森の豊かさを大きく変えたり。謙次君には難しいかしらぁ? ……いえ、あなただからこそ分かるはず」
 今、アルラウネが言った内容は、読者様方には理解しにくかったかもしれません。というのも、某21世紀ロボットのダメ男製造マンガがありますからね。
 謙次だからこそ分かる。アルラウネはこういいました。
 実は、謙次は些細なことをして未来を変えるようなことをよくやっていたのです。謙次の『未来を予知する』能力。この能力があれば、未来を変えることも可能です。
 イノブンが覚えている中で、一番酷かったのは、ヘキサドームカップ編のデビルチーム戦でしょう。
(作者:『酷かった』って、そんな……)
 デビルの『存在感を操る』能力により、攻撃を当てるべき敵がどこにいるのか分からないガイ。そんなガイを、謙次はどうフォローしたか、覚えている方はいるでしょうか? ……いませんね、知ってます。
 敵がどこにいるのかを知っている謙次は、目印となるような位置を指示したのでしょうか? いいえ、違いました。謙次は、こうガイに問いかけただけです。
『1+3は?』
『……は?』
『1+3は?』
『……4だな』
『犬も歩けば?』
『……棒に当たる』
『……よし、今ですガイさん! 闘技場の何もない所を5ケ所攻撃してください』
『……はぁ!?』
 この後、ガイは謙次に言われたまま、テキトーに5ヶ所に攻撃を放つと、3体いる敵のうち2体に攻撃を当てることができたのです。
(作者:露骨な乱数調整乙)
 些細な問いかけをすることで、ガイが攻撃する位置を操作するだけで、本来攻撃できるはずのない敵に攻撃することができる。そんな経験を、謙次はしていたのです。
 アルラウネがたとえ話で出した木の実。この木の実一個が及ぼす影響を、謙次は理解していました。
 アルラウネは言います。
「だから、この時代で食べ物を食べることはもちろんのこと、人と会うのもダメねぇ。たとえば、今、上空から落下しているけれども、その姿を地上から見られるだけで、未来が変わる可能性があるわぁ」
 一旦言葉を言い終えたかと思いきや、アルラウネは突如真顔になります。
「最悪、未来からキュリア、あなたの存在が消える」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR