FC2ブログ

DESTINY~風野 息吹の運命~⑯

↓自分はギャルゲーやったことのない低レベルのヲタですが↓


 その夜、風野は『ギャルゲー』をしていた。
 テレビ画面には、痛々しい少女の絵が表示されていて、痛々しい音声が次々と流れてくる。
 風野は、そんなゲームを味気ない顔で、淡々と進めていた。もし、そんな彼女を見たりしたら、たいていの人は近寄りたくなくなるだろう。
 ゲームをしているうちに、風野の小腹がすいてきた。風野は、夜遅いがコンビニにでも出かけようと思った。しかし、ふと思いとどまった。
 風野は、だいたい1,2週間前に、夜コンビニに出かけて、不良を殺しかけたばかりである。彼女は、それを恐れたのだった。
 すると風野は、昨日自分が恐れたことを思い出してしまった。そして、自分がこんな調子だったら、いつか本当に自分の友達を殺してしまうのではないかとも思えてきた。
 しかし、それではダメだ、と風野は強く思った。そう思っていては、自分の恐れていたことが現実になってしまう。だから、絶対にそんなことをしないように意識しようと思っていなければダメなのだ、と風野は強く思ったのだ。
そう思うと同時に、風野は自分の手に力を入れてしまった。すると、何かが壊れるような音がした。
音がした自分の手元を見てみると、ゲームコントローラーの風野が握っていた部分が粉砕されていた。
「……ナンテコッタイ」
 風野は頭を抱えながら、そう言った。


↑もし、ギャルゲーはこんなものではないという方がいたら、コメントかメールで、ギャルゲーとはどういうものなのかを教えてください↑
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR