FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくごかいめ!

<前回のあらすじ>
 謙次は受験勉強でキュリアの世話になりました。


<本編>
「……というわけだよ。それで、このまま問い6に入ろうと思うけど、そろそろ寝る?」
 国語から数学に切り替え、勉強を進めていた謙次たち。しかし、もうすぐ時計は12時を指す頃で、明日学校に行かねばならない謙次にとっては、もう寝たほうがいい頃合です。
「そうだな。そろそろ寝るか」
 そう言って、伸びをする謙次。思えばこの日は、色々と大変でした。キュリアの命の危機を救ったかと思えば、久々の受験勉強をさせられる始末。
「お疲れ様だね、謙次」
 あらかじめ謙次ママが敷いてくれていた布団の中に、すぐさま入るキュリア。
(作者:オフトゥン……)
 そんな物惜しげな顔で呟くなよ。
(作者:一度入ったら最後、二度と出られない魔境。にもかかわらず、クソネミに支配されし人々は、オフトゥンを探し求め続ける……)
 眠くて布団に入ったはいいが、怠けたくて中々起きれない。そんなことを、何かっこよさげに言ってるのこの人。
(作者:惚れた?)
 引いた。ドン引きした。
 そんなこんなで、キュリアはすぐさまお布団に入りました。
 『お疲れ様』と言っていましたが、むしろ疲れているのはキュリアの方でしょう。正義の味方としてやってきたスザクからは逃れられたものの、謙次の受験勉強を手伝うべく、ほとんどない筋力を長時間発揮しながら、謙次に勉強を教えていたのですから。
(作者:キュリアは魔力が使えなくなったせいで、筋力が大幅に低下しています。よって、ただ立っているだけでも、体力を使うのです)
 そんなキュリアですが、自分の疲れを意に介さないように言います。
「頭に詰め込まなきゃいけないこと、多いもんね。勉強は嫌いだろうけど、頑張ってたと思うよ」
「そ、そうか……」
「これから1週間、大変だろうけども頑張ってね。……そういえば、私の命を助けてくれたのも、今日だったよね」
「あ、ああ」
「……そっか。1日のことなのに、何か長く感じるね」
 メタ発言か?
(作者:294回目にこの日の朝のことやってますからね。1日{2ヶ月}ですね)
 厳密には、異なる時間軸をワープして、午前中から一気に夜まで時間が過ぎたわけですが、……逆に、半日しか経ってないことになりますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR