FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくいっかいめ!

ケーケー「今週、毎日5~6人の閲覧者がいらっしゃったみたいで、すごく嬉しいです! このブログも、そろそろ知名度が上がるのかな?」
イノブン「今日:1人 と表記されている現実を見て、目を覚ませ」


<前回のあらすじ>
 謙次の元いた時代に、2人はワープしてきました。


↓ 本編 ↓
 ベッドの上から起き、立ち上がろうとするキュリア。しかしなぜか、おそるおそる、ゆっくりと動いており、立ち上がるまでに時間が掛かっています。
「どうしたんだ? キュリア」
 いぶかしげに謙次は尋ねます。その問いに対し、キュリアはベッドに腰掛けて、
「……どうやら、ここでは魔法が使えないみたいだね。こうやって、風で物を拾おうとしても……」
 キュリアは、ゆっくりと右腕を上げ、床に落ちているシャープペンシルを指差します。おそらく、風属性魔法でシャープペンシルを拾おうとしているのでしょう。
しかし、シャープペンシルはピクリとも動きません。
「……このように、風そのものが起きないんだ。魔法が使えないと、普段の筋力を発揮できないから、立とうとするだけでも難しいんだよ」
「……ん? どういう意味だ? 『魔法が使えないと、普段の筋力を発揮できない』ってところが、まず分からないんだが」
「そっか。謙次は知らないよね。実は、私のこの細い腕で、岩を砕くほどの筋力を発揮できたのは、強化魔法があったからなんだよ。筋力だけで発揮できる力は、たかが知れてる。この強化魔法は、筋力の限界を遥かに超えた力を発揮するために必要なものなんだ」
「つまり、キュリアが肉体的にも強いのは、筋力があったからじゃなく、強化魔法があったからなんだな」
「その通り! でも、魔法で強化された筋力に頼って生活していたせいで、素の筋力はほとんどなかったみたいだね。その結果、ただ立つだけでも難しいレベルまで、私の筋力がなくなっていたみたい」
「そういうことか。……ん?」
 キュリアとの話が終わった頃、部屋で点けっぱなしだったテレビを見て、謙次はあることに気づきました。 
「半年前と部屋が全然変わってないと思ったら、本当に全然時間が経ってねーじゃねーか!」
 テレビのニュースで表記されている日付は、謙次が未来へ旅立った日と同じ日付でした。
 謙次が未来で過ごした時間は約半年だったのですが、その時間がここでは過ぎていなかったのです。謙次は元いた時代の元いた日にちに帰ってきたのです。
 そもそも、部屋のテレビが点けっぱなしだった時点で、そのことに気づくべきかもしれませんが。
「謙次、その時間移動能力って、この時代と私のいた未来にしか移動できないの?」
 キュリアが尋ねました。謙次の能力は、『過去と未来とを行き来する』能力ですが、解釈のしようによっては好きな時代にワープできる能力とも取れます。
 キュリアの問いに対し、謙次は、
「いや、一応ある程度好きな時代に行くことは出来るみたいなんだ。だけど、良く分からない制約があって、基本的にはこの時代とさっきまでいた時代とを行き来することくらいしかできないみたいだ」
「……そっかぁ」
 今の謙次の言葉を聞いて、キュリアは不安を覚えました。
(もし、謙次の能力で未来に飛んだ、その先にスザクが待っていたら……)
 そんなことをキュリアが考えている、その時でした。
「突然大声を出して、どうしたの、謙次?」
 部屋の外から、女性の声がしました。
声が聞こえてすぐノックの音が聞こえ、女性が1人、部屋に入ってきました。
その女性は、『一人でやりきれるの?』と聞いてきそうな感じの美人です。
(作者:18歳未満の方は、ネタが気になってもネ○ーまとめで調べるだけにして下さい)
「あ、母さん」
 どうやらその美人さんは、謙次の母親のようです。
「……ん?」
 謙次ママは、キュリアを見るや否や、怪訝そうな顔をし、
「あなたー!! ついに謙次がやってしまったわ!! ちょっと来て!!」
「おいちょっと待て! それは誤解だ!! あと、『ついに』って何だよ『ついに』って!!!」


<ネタ解説>
・一人でやりきれるの?
 某通信教育の漫画にて、
生徒「お母さん! オレ『ゼミ』やりたい!」
ママ「ゼミ? 一人でやりきれるの?」
と尋ねる、色気のある母親が話題になりました。(通称ゼミママ)
 コラ画像と、『一人でやりきれるの?』、『またためちゃわない?』等の意味深な発言から、二次創作画像が多く出回りました。


イノブン「なんだ、このコーナー?」
ケーケー「この作品、たまにネタを挟むけど、分からない読者のために解説コーナーを設けました。今後、このコーナーを継続するかどうかは分かりません」
イノブン「分からないんかい!」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR