FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくきゅうじゅうななかいめ!

<前回のあらすじ>
 謙次が予言した、キュリアが殺されるという戦いまで、あと数分。
 たまたま居合わせたフェニックスは、キュリアを助けてくれない模様。
 残された時間で、なんとか戦略を練ろうと、キュリアはその戦いの詳細を謙次にから必死で教わるのであった。


↓ 本編 ↓
「来たみたいだね」
 数分後、フェニックスはそう呟きました。
 外を見ると、燃え盛る火球が凄い速さで地面に向かっていきました。
 火球は地面に触れるや否や消滅し、中から赤髪の青年が現れました。
 青年を見て、フェニックスは言います。
「なるほど。相手は『業火のスザク』か。そりゃあ、謙次の予知能力があったとしても、キュリアが勝てないわけだ」
「し、知っているのか、フェニックス」
 謙次はまるで雷電に確認を取るかのように、フェニックスに尋ねました。
(作者:雷電〔らいでん〕とは、北海道の地名であり、そこには温泉もあります。……ネタなので、分かる方のみ察してくださいませ)
 ちなみに、作者はネタとなるゲームを持ってもないのに、にわか知識でネタをぶっこんだ模様。
 ……話を戻しましょう。
『業火のスザク』について、フェニックスは説明します。
「彼は、火属性魔法のみを使う魔術師の中で、一番強い魔術師さ。パワー、魔力、体力、スピードの全てでキュリアを遥かに上回っている。スピードに関しては自分の火属性魔法でブーストを行うことにより、本来のスピードよりも遥かに速いスピードを実現している。本来、スピードを上げやすいには風属性の魔法で、火属性の魔法は基本的にブースト目的で使われないから、そういう意味で特殊な魔術師だね」
「説明ご苦労さんだな、フェニックス」
 スザクが、謙次たちのいる2階に上がってきました。
「さて、ジェノサイド! 用件はもう分かってるんだろ? 俺と勝負しろ! さもなくば、そこの少年を……」
 言いかけたところで、フェニックスに肩をポンと叩かれました。
 フェニックスは言います。
「一応言っておくけど、僕が関与しないのは、キュリアを襲うことについてだけだよ。その他の、謙次みたいに人権を持っている普通の人を襲おうというのなら、僕も黙っていないよ」
 スザクはこの言葉を聞き、顔を真っ青にします。
「……あー、えーと、ジェ、ジェノサイド! 表に出ろ! さすがに、家の中で暴れて欲しくはないだろう!」
「……分かったよ」
 キュリアはそう言って、とぼとぼと階段を下りていきました。スザクも、その後を追います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR