FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくきゅうじゅうよんかいめ!

<前回のあらすじ>
 ヘキサドームカップの表彰式が行われましたが、今回から新編なので、そのことを把握して無くても大丈夫です。


↓ 本編 ↓
 ヘキサドームカップも終わり、数週間が経ちました。
 少し前まで、ヘキサドームカップで準優勝(作者:ナンバー4がいなけりゃ実質的優勝です)を果たした余韻をキュリアと謙次は心地よく感じていましたが、今ではその余韻もなくなっていました。
 時期は10月下旬。島の外へ買い物に行って、帰ってくるときに島を見ると、紅葉がきれいな時期です。
(作者:僕、あまり紅葉について知識ないんですが、10月~11月くらいが紅葉が栄える時期ってことで合ってますかね?)
 そんな時期のある朝のことです。
「大変だ!!」
 キュリアが朝食の準備を終えて帰宅したとたん、2階から謙次の叫び声が聞こえました。
「ど、どうしたの? 謙次」
 キュリアは急いで2階に上がります。しかし、部屋では謙次が頭を抱えて震えている他、特にいつもと変わったところはありませんでした。
 謙次は、言葉を頭の中で考えるそぶりをしました。しかし、上手い言い回しが浮かばなかったようで、直接的な表現でキュリアに伝えます。
「キュリアは今日、殺される」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR