FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくきゅうじゅうにかいめ!

ケーケー「今日はできれば、更新したくなかった……」
イノブン「読者様に読んでもらう立場で、何寝ぼけたこと言ってんだお前?」
ケーケー「いや、だって今日、深夜2時まで艦これしてたもん」
イノブン「……自業自得にしか聞こえないが」
ケーケー「明日の朝、冬イベントが終わるんだ」
イノブン「いきなり聞きなれない言葉が出てきた。イベント?」
ケーケー「艦これでは、期間限定で出現するステージがあるのです。そのステージで遊べるのがイベント」
イノブン「ほう」
ケーケー「ただ、今回のイベントは過去最高の難易度で、ここ2週間ずっとクリア目指して頑張ってたんだけど、とうとうクリアできずに資材が尽きてしまったのです」
イノブン「資材?」
ケーケー「ステージに挑戦するために必要なもの」
イノブン「なるほど」
ケーケー「頑張ってたのに、クリアできなかったため、消化不良なんですよ。あーもう、はやく更新して寝たい」
イノブン「……結局、自業自得ってことでいいよね?」


<前回のあらすじ>
 テルモトの時空系魔法は無力化されるのに、マリエルの魔法はテルモトに通用する。
 これは、マリエルが勝てる望みがあるのではないだろうか?


↓ 本編 ↓
 テルモトの攻撃が通用しないのを見て、観客は突如マリエルを応援し始めました。
 戦闘に対して詳しくない観客たちは、思うのです。
 ひょっとして、マリエルはテルモトを負かすことができるのではないだろうか、と。
 ただ、その様を見て、謙次、キュリア、ガイの3人は、指揮官室の中で思いました。
 これだけの声援があっても、どうせマリエルが負けるだろうな、と。


「さぁ、どうやって私に攻撃を喰らわせるつもりかしら?」
 声援のせいか、マリエルは調子に乗っています。
 テルモトの時空系魔法は無力化されるのに、マリエルの魔法はテルモトに通用する。
 しかし、マリエルがテルモトに対して持っている優位性は、所詮その程度のものなのです。
 マリエルの魔法が当たれば、確かにテルモトはダメージを受けます。しかし、テルモトは瞬間移動等、回避のための魔法にも長けており、マリエルの魔法を当てるのは至難の業なのです。
 また、テルモトの時空系魔法が無効化されるからといって、テルモトの攻撃手段がなくなるわけではありません。
 テルモトが突如、闘技場から姿を消しました。
 しばらく何も変化が起こらない闘技場。一見平和が訪れたかのように見える闘技場ですが、いつテルモトがマリエルに攻撃を仕掛けてくるか分からないため、マリエルは警戒心を解くことができません。
 そして、何の前触れもなく、突如テルモトがマリエルの前に姿を現しました。
 ただ、姿を現したテルモトは、止まっていません。
 目にも留まらぬ速さを持ったまま、マリエルの前に現れたのです。
「え?」
 マリエルは、テルモトと激しくぶつかり、ゴールに向かって飛んでいきました。
 飛ばされるスピードがかなり速かったため、マリエルは何も行動できず、あっけなくゴールに入れられてしまいました。
 しかし、一体テルモトは何故、速い速度を持ったままマリエルの前に現れることができたのでしょうか?
 実は、テルモトが消えたのは、ある異空間に飛ぶためでした。
 その異空間には、床がありません。空気もありません。
 ただ、重力は通常の10倍ほどかかっており、永久に真下に落ちていきます。
 空気抵抗がないため、落下速度は急激に速くなり、その速度を持ったまま元の世界に移動、マリエルに衝突したのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR