FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくはちじゅうななかいめ!

<前回のあらすじ>
 試合開始前
・ミカエルVSマリエル
・テルモトVSキュリア
・アルラウネVSガイ

 試合開始直後
・ミカエル「あれ?」VS(マリエルはテルモトの元に移動)
・テルモトVSキュリア&マリエル
・アルラウネVSガイ

 そしてテルモトに一撃喰らわせた直後、
マリエル「今謙次から指示がでたわ。キュリアが(ミカエルの元に)向かうみたい」
ということを言っていたので、今は、こんな感じです
・ミカエルVSキュリア
・テルモトVSマリエル
・アルラウネVSガイ


↓ 本編 ↓
「私もそろそろ加勢しようかなぁと思っていたのですが、ようやく来て頂けましたか」
 テルモトの元から急いで駆けつけたキュリアに対し、ミカエルはそう笑顔で言って迎えました。
 キュリアはこう返します。
「謙次がミカエルの元に急いで向かうよう、『テレパシー』で伝えてきたからね」
「流石ですね、謙次さんは。私の元からキュリアさんが離れた際、どのくらい長く私がじっとしていられるか予知した上で、キュリアさんにそう伝えたのでしょう」
「おそらくね。……おしゃべりはもういい? そろそろ行くよ!」
 キュリアはミカエルに急接近し、『グレイヴスラッシャー』の黒球を作り始めました。
 しかし、
「『ナシング』」
 ミカエルのその一言で、キュリアの『グレイヴスラッシャー』は跡形も無く消え去りました。
 さらに、
「『アピア』。ウィルオーウィスプ、ゴースト」
 ミカエルの前に、青い火の玉と、白く薄光る幽霊が現れました。
 ここで、フェニックスの解説が入ります。
『本来、物体の存在を自在に操る「霊属性」ですが、その霊属性の「霊」は「幽霊」の「霊」! 世間でよく噂される幽霊は、実は霊属性の魔力を帯びている存在なのです! ……そして、今ミカエルが作り出した幽霊も、今説明した幽霊とほぼ同じものなのですが、その力が……』
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR