FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくはちじゅうよんかいめ!

イノブン「なぁ、この大会の参加チーム数って、いくつだっけ?」
ケーケー「16組だよ。だから、次の試合が準決勝、そしてそれに勝つとナンバー4たちとの決勝戦となりますね」
イノブン「でもさ、ナンバー4は1回戦の第4試合に出場してるわけだよな」
ケーケー「うん」
イノブン「つまり、次の試合でキュリアたちと対決することになるはずなんだが……」
ケーケー「……あ、計算ミスった」
イノブン「は?」
ケーケー「しまった。16÷2=4だと思ってた。第4試合じゃなく、第8試合にナンバー4のチームを出すべきだったんだ」
イノブン「小学生からやり直したら? ……と、そんな冗談は置いといて、こうなってしまったからには、話を修正する必要があるだろ? どう修正するんだ?」
ケーケー「……次決勝戦にしましょう」
イノブン「1試合削るのか? 単純にナンバー4を1回戦の第8試合に出ていたことにすれば済む話なんだが」
ケーケー「いや、どうせ次の試合展開考えていませんし、ナンバー4が出場する勝ち目の無い試合に参加する人数なんて8×3=24人いれば十分多いかなと」
イノブン「『どうせ次の試合展開考えていません』が主な理由なんだな。把握した」


<前回のあらすじ>
  『強くする』系の能力は強いです。でも謙次の能力の方がもっと強いです。
 そんなこんなで、準決勝を勝ち抜きました。


↓ 本編 ↓
『みなさん、お待たせしました。決勝戦で戦う両チームの準備が整ったようです!』
 フェニックスの声で、会場が盛り上がります。昨日まで大犯罪者だったキュリアも、今日だけはヒーローであるかのように応援されています。
 キュリアたちは、本来謙次の補助が無ければ敵うはずの無い相手を、次々と蹴散らしてきました。そして、ついにナンバー4のメンバー、ミカエル、テルモト、アルラウネのチームと対決します。
 6つのゴールが開き、両チームの戦闘員がそれぞれのゴールから入場します。
 キュリア、マリエル、ガイの3人は、それぞれテルモト、ミカエル、アルラウネの前で歩みを止めます。
 この配置を見て、テルモトはこう思いました。
(……拙者の相手として、キュリア殿がついたでござるか。どうやらキュリア殿は、拙者を倒すことよりも、拙者に1対1で勝負を挑みたい気持ちが強いようでござるな)
 ネタバレに限りなく近い発言かもしれませんが、ナンバー4から見て、キュリアたち3人は本来、1対3で戦うことになっても負けようがない、それだけナンバー4のメンバーは強いのです。
 しかし、キュリアたち3人の中で最も恐るべき相手を挙げるとすれば、間違いなくマリエルでしょう。特にテルモトの場合は……。
(作者:マリエルの伝説系の魔力は、他の属性の魔法をかき消してしまいます。テルモトとアルラウネの使う時空系、ミカエルの使う霊属性はどちらも所詮魔法です。そのため、マリエルが伝説系の魔力でバージョン2になってしまうと、一撃必殺の魔法といえど、マリエルに直接使うことができなくなります)
 特にテルモトの場合、空間を分断して作る絶対防御のバリアーを、マリエルの伝説系魔法で簡単に消されてしまいます。
 しかし、テルモトの前にはキュリアがついたまま、試合開始の宣言がなされてしまいます。
『それじゃあ、6人とも準備はいいかな? では、試合を始めてください!』
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR