FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくはちじゅうさんかいめ!

ケーケー「クラがサービス終了しちゃってくらぼができない」
イノブン「そうか、それは残念だな」(クラとかくらぼって、初めて聞くけど何だろう)
※クラ:ぷよぷよフィーバーWindowsバージョンのクラシックモード(ぷよぷよ通に似たルールで対戦するモード)のこと。基本的にオンラインで対戦することになる。
※くらぼ:クラでぷよぷよ対戦する、その相手を募集しています。という意味


<全開のあらすじ>「全力全開! SLB!!」
 マリエルの必殺魔法、『ジャガーノート』が、相手チームのロスタとリヒトに向けて放たれました。
 『ジャガーノート』は広範囲に広がる高威力の魔法。さらに、『伝説系』という属性を持っているため、他の属性の魔法で防ぐことが出来ません。
 避けることも、防ぐこともできないはずの魔法。そんな魔法が放たれたとき、ロスタの取った行動とは!?


↓ 本編 ↓
「リフレクション・マント!」
 ロスタは身に着けていた漆黒のマントを脱ぎ、まるでマリエルの『ジャガーノート』を跳ね返そうとするかのように扇ぎました。
 するとなんと、驚くことにマリエルの『ジャガーノート』はロスタのマントによって防がれてしまったのです。
 思い切り扇いだマントは、『ジャガーノート』とぶつかったところで止まっています。まるで、マントが『ジャガーノート』と拮抗〔きっこう〕しているかのごとく。
 魔法であれば、『伝説系』でない限り『ジャガーノート』を防ぐことなどできません。しかし、作者の話が正しければ、ロスタは『伝説系』の魔法が使えないはず。
(作者:作者は嘘つかない)
 実は、今ロスタが使った芸当は、ロスタの個体能力によるものだったのです。
 ロスタは、『マントを強くする』能力を持っています。
(作者:『キュリアと謙次』において、『強くする』と名のつく能力によって強化されたものは、本当に『強く』なります。たとえば、過去に登場した『ゴムを強くする能力』では、放った輪ゴムでクレーターができました。また、鉄刀では皮膚に傷をつけることができるかできないかというキュリアの腕を、ゴム刀であっさりと切断しました)
 ロスタの能力では、攻撃を受けても纏っているマントがクッションとなり、ダメージを与えられなかったり、また今みたいにマントで扇げば、相手の攻撃を跳ね返すこともできます。
 今、マリエルの『ジャガーノート』とマントが拮抗しているのは、マントに当った『ジャガーノート』が跳ね返され、それとマリエルの繰り出している『ジャガーノート』とが相殺しているためです。
 そんな恐ろしい能力を持つロスタですが、謙次はこの展開を予見した上で、マリエルに『ジャガーノート』を打たせたのです。
 『ジャガーノート』を跳ね返されるのに、なぜそんなことをしたのか?
 先ほど説明したように、ロスタは通常、攻撃を受けても纏っているマントがクッションとなり、魔法や物理攻撃等によってダメージを与えることができません。
 しかし、このようにマントで相手の攻撃を跳ね返そうとしている場合は、
「『ボルテージアロー』!」
「ぐあああぁぁぁ!」
 後ろから早い攻撃をすれば、対処することができません。
 さて、ガイからの攻撃を受け、マントを支える力がなくなったため、
「え? ちょ、ロスタ……きゃああああぁぁぁぁ!」
 ロスタもリヒトも、『ジャガーノート』に飲み込まれ、戦闘不能となりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR