FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくはちじゅうにかいめ!

<ヘキサドームカップのルール>
・戦闘員3人と指揮官1人を1チームとする。
・トーナメント形式で試合を行う。
・対決する2チームは、相手チームの戦闘員を全員、ゴールに入れれば勝利となる。
・人(キュリアを除く)を殺した場合、殺人犯として現行犯逮捕されるため、即失格となる。


<前回のあらすじ>
 第2回戦第1試合、キュリア・マリエル・ガイ VS ナロ・ロスタ・リヒトが始まりました。
 ナロの『音速で直線移動することができる』能力の脅威をものともせず、ガイがナロを撃退し、残る敵は2人となりました。


↓ 本編 ↓
 戦闘員を1人失い、不利になった相手チームの2人、ロスタとリヒトは、マリエルを攻撃しに行きました。
(作者:実質、相手チームは2対3の戦闘を強いられるわけですから、……不利な戦闘を強いられているんだ!!)
 ネタはいいから、話を進めなさい。
(作者:……はい。とにかく、2対3の不利な状況を抜け出すためには、1人潰して2対2の戦闘に持っていけばいいわけです。今、キュリア、ガイの2人とは離れた位置にマリエルがいます。よって、相手チームの2人は、2人がかりでマリエルを潰そうとしたのです)
 解説乙。
 そんな思惑もあって、2人がマリエルに接近しようとしたのですが、
「『ジャガーノート』!」
 マリエルの必殺魔法、『ジャガーノート』が正面から2人を狙います。『ジャガーノート』は広範囲に広がる高威力の魔法で、喰らってしまえば間違いなく致命傷を負うことになるでしょう。
 『ジャガーノート』は広範囲なので、避けにくいです。その上、『伝説系』という属性の魔法であるため、他の属性の魔法で防御したり、相殺することができません。
(作者:『伝説系』の魔法は、他の属性の魔力を消し去る効果があります。そのため、伝説系の魔法と他属性の魔法とをぶつけると、他属性の魔法が消滅するだけで、伝説系の魔法は全く威力を弱めません)
 さて、避けるのも難しい、防ぐこともできない。そんな『ジャガーノート』に、相手チームの2人はどう対処するのか!?
(作者:いえ、実は相手チームのロスタだけは、『ジャガーノート』を防ぐことができるんですよ)
 え? でもお前さっき、伝説系の魔法は他の属性の魔法では防げないって……、まさか!?
(作者:気づいたかな?)
 そうか、『ロスタ』って名前は、ロスト(lost:失われた)から来ているのか! つまり、ロスタも伝説系の魔法を使うと……
(作者:いや、違う違うそうじゃない!!)
 え?
(作者:僕、キャラの名前付けるときに、そんな深い所まで考えないから!!)
 ……ボソッ(キレて良いかな?)
(作者:え? 今なんて……)
 何でもない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR