FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくななじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「なんとか更新間に合ったー!」
イノブン「え? 間に合った? 更新日って日曜では……」


<前回のあらすじ>
 存在を操る魔法『霊属性』の使い手ミカエル、空間を操る『時空系』魔法を使うテルモト、時間を操る『時空系魔法』を使うアルラウネ。このチートなチームが今、戦いを始める!


↓ 本編 ↓
 ゴングが鳴った直後のことでした。
 突然、ナンバー4のチームの対戦相手の姿が消えました。
「え?」
 謙次が唖然としていると、キュリアが、
「ほら、あそこ」
「え? ……はぁ!?」
 キュリアの示した方向を見て、謙次は驚きの声を上げました。それもそのはず。キュリアが示した場所は相手のゴール。そこにすっぽりと対戦相手の3人が入っていたのですから。
『……えー』
 フェニックスの落胆の声が会場に響き渡ります。
『ミカエル、テルモト、アルラウネチームの勝利ですが、……それはないよ君たちさぁ~』
 まるで自分が司会者であることを忘れているかのような口調で、フェニックスは言いました。
『多分、会場にいる人で、君たちが何をやったのか分からない人もいると思うから、解説してあげて~』
 完全にやる気をなくしたようなトーンでそう言うと、フェニックスはマイクを闘技場にいるミカエルの下へと投げました。
 ミカエルはそれを余裕でキャッチして言います。
『私は「ナシング」で対戦相手の存在を一旦消してから、「アピア」で消した相手をゴールのところに出現させました』
 『ナシング』は存在を消す魔法、『アピア』は存在させる魔法です。
 ミカエルは言い終わると、横に寄ってきたテルモトにマイクを渡しました。
『拙者は「テレポーテーション」で、相手をゴールに移動させたでござる』
 『テレポーテーション』は、好きなものを好きなところに移動させる魔法です。
 テルモトも同様にアルラウネにマイクを渡しました。
『私は相手の時間を、ゴールから入場してきた時まで巻き戻しました』
 各チームの戦闘員は、ゴールからそれぞれ闘技場に入場してきます。そこまで相手の時間を巻き戻すことで、相手をゴールに移動させたわけですね。
『どうも解説ありがとう。なお、それやっちゃうと盛り上がりに欠けるから、次それやると主催者権限で失格にするよ』
 この主催者、すごい身勝手だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR