FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくななじゅうごかいめ!

<前回のあらすじ>
 ヘキサドームカップのルール
・戦闘員3人と指揮官1人を1チームとする。
・トーナメント形式で試合を行う。
・対決する2チームは、相手チームの戦闘員を全員、ゴールに入れれば勝利となる。
・人(キュリアを除く)を殺した場合、殺人犯として現行犯逮捕されるため、即失格となる。
 現在、キュリア・マリエル・ガイ VS デビル・ミー・レイリーの対決中です。
 前回、空中にガイが移動したところで終わっています。


↓ 本編 ↓
 ガイはテレパシーで謙次に尋ねます。
『上空から敵を攻撃してくれって言われたからここまで移動したが、一体どいつを攻撃すればいいんだ? 謙次』
 ガイの視界には、大量のデビルとミーの姿が見えます。
『ガイさん。あなたが今攻撃しようとしている対象は、すべてレイリーが作りだした分身です』
『はぁ? つまり、本物は闘技場にいねぇってことか?』
『いいえ。しかし、ガイさんは本物のデビルとミーを認知することはできません』
『どういうことだ? ひょっとして、レイリーの能力で、本物は周りから見えないようにできるとか?』
『違います。ガイさんが本物のデビルとミーを認知できないのは、デビルの能力が働いているからです』
『デビルの能力……?』
『「存在感を操る」能力。この能力のせいで、デビルとミーの存在感は薄れ、姿を見られても存在が認知できなくなっているのです』
『なんだって!? ……レイリーは本物なのか?』
『はい。彼は本物です。彼は分身に紛れて攻撃をし、本物が割れているので、デビルの能力で存在感を消す意味がないんです』
『消す意味がない? どういうことだ?』
『デビルとミーの存在感を消す。この行為は、「分身のどれかに本物のデビルとミーがいる」と信じ込んでいるはずの相手に対し、かなり有効な手なんです』
『そういうことか!』
 どういうこと?
(作者:謙次のサポートがなければ、ガイは今、本物が存在感を消しているとは知らず、分身のどれかを攻撃するでしょう)
『なので、この状況下ではデビルとミーは完全に油断しています。まさか相手が、分身ではなく、認知できないはずの自分を攻撃してくるとは思っていないでしょうから』
『確かに! これはチャンスかもな! ……だが、結局俺はどこを狙えばいいんだ? あいつらが姿をくらませている以上、俺もどこを攻撃すればいいかわからねぇぞ?』
(作者:ここで、ガイが当てずっぽうに攻撃してしまうと、敵の油断が解けてしまいます。偶然にもその攻撃が当たれば、問題ないのですが)
『そこで、ガイさんに尋ねたいことがあります』
『……な、なんだよ?』
 突然の謙次の言葉に戸惑うガイでしたが、この後の謙次の質問で更に戸惑うことになります。
『1+3は?』
『……は?』
『1+3は?』
『……4だな』
『犬も歩けば?』
『……棒に当たる』
『……よし、今ですガイさん! 闘技場の何もない所を5ケ所攻撃してください』
『……はぁ!?』
『早く!』
『……訳のわからない質問をしたかと思えば、急に急かしやがって……』
 そう文句を言いつつも、ガイは素早く雷の魔法を構えます。
「『ボルテージアロー』! 五連打ぁ!!」
 謙次の言う通り、全くのランダムで何もないところを狙うガイ。しかし、5発中2発は見事デビルとミーに直撃しました!
 ……ところで作者、『1+3は?』と『犬も歩けば?』の質問の意味はなんだったんだ?
(作者:乱数調整)
 は?
(作者:ガイに上手く攻撃を当てさせるには、2つの方法があります。1つは、謙次がデビルとミーの位置を正確にガイに伝えること。しかし、デビルもミーも、闘技場のどこかという、ほとんど特徴のない場所にいたため、この方法には無理があります。もう1つの方法は、ガイに当てずっぽうの攻撃をさせ、かつ、その攻撃が確実にデビルとミーに直撃することです)
 その方法も無理があるよな。完全に運任せじゃん。
(作者:その運任せの結果を、謙次は自分の能力で知ることができるのです。ガイにいくつか質問をすると、質問をする前とした後とで、ガイが攻撃する場所が変わるのです)
 え? そんなことってあるの?
(作者:ゲームでのランダムなイベントは全て、それまでの行いで決まります。ゲームでそうなのだから、実際のこういう戦闘とかでもそうなんでしょう?)
 その理屈はおかしい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR