FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくろくじゅうななかいめ!

ケーケー「ようやくなろうの方で、第一話の修正版を更新することができました。褒めて褒めてー」
イノブン「おせーよ。タヒねボケカスが!」
ケーケー「分かった。PICマイコンで変調信号作って、2SC1815とパワーMOSFETで増幅して、高周波空気プラズマでオゾン作って自殺するわ」
イノブン「いや、何言ってるかよく分からんがすまん。取り消すよ」
ケーケー「そうか。ならやめる」
イノブン「死体処理する人が困るし、迷惑かけずに済んだ」
ケーケー「表に出ろ、話がある」
話の詳細は追記で


<前回のあらすじ>
 キュリアVSマリエルの戦いで、
1.マリエルの『エーシェントスプレッド』
2.キュリア回避
3.マリエルの『エーシェントカッター』
4.キュリア直撃
 こんな感じでした。


↓ 本編 ↓
(やばい、何とかしてこの攻撃を避けないと)
 キュリアに『エーシェントカッター』が直撃する前、キュリアはこんなことを考えていたんです。
 実は、謙次の予知能力では、このあとキュリアがなんとかかわした地点に、マリエルの『ジャガーノート』を食らわせることで、キュリアに勝利することができる、そう予知していました。
 『ジャガーノート』は相当な魔力を消費する大魔法。キュリアであれば、万全の状態で一発放つことができる程度しか魔力を保持していませんが、マリエルは万全な状態であれば、この『ジャガーノート』を6発は打つことができます。
 伝説系の魔術師は、他の魔術師に比べ大量の魔力を持たなければ、ガンガン魔法を使うことが出来ません。キュリアと戦う前、体力が十分に回復できていないマリエルがキュリアに勝てると謙次が言ったのは、マリエルがキュリアの数倍の魔力を保持していることを踏まえてのことだったのです。
 そう、このままキュリアが『エーシェントカッター』を避けてくれさえいれば、マリエルの勝利が確定したのです。
 謙次が余計な一言を『テレパシー』で伝えなければ……。
『よっしゃ! チェックメイトだぜ「おばさん」!』
**************************************

~表に出た後~
イノブン「話とはなんだ?」
ケーケー「実は最近、艦これにハマっちゃってさ~」
イノブン「話ってそっちか!?」
ケーケー「何だと思ったの?」
イノブン「……いや、何でもない。それで?」
ケーケー「第六駆逐隊+2隻という、新手の縛りでプレイしてるんだけど」
イノブン「ほう」
ケーケー「名づけて、『それ行け! 第六駆逐隊!』」
イノブン「ほう(棒)」
ケーケー「その縛りプレイで、2-4をクリアした結果がこちらになります」
それ行け第六駆逐隊
イノブン「よくもまぁここまで。2-4って、初心者殺しで有名なステージだろ?」
ケーケー「そう。さすがにもっとレベリングした方がよかったかと思ったんだけど、僕運だけはいいからね。途中で戦艦が出たり、空母・軽空それぞれ2隻ずつ出たりしたけど、大破なしでボスまで進めたよ」
イノブン「強い(確信)」
ケーケー「2-4クリア後は、そのまま3-1もクリアして、いよいよ3-2だなって気がするけど」
イノブン「どうしたの?」
ケーケー「3-2用パーティは、某動画と同じ、第六駆逐隊+島風+雪風で行こうと思ったのよ」
イノブン「それが何か?」
ケーケー「島風は2-4をクリアした日に手に入れたけど、雪風を持ってなかったんだよね」
イノブン「そうなんだ。レア駆逐だから、なかなか手に入らないみたいだな」
ケーケー「結局島風を手に入れた翌日、偶然雪風をゲットしたんだけどさ」
イノブン「お前運よすぎだろ!!」
ケーケー「両方ともレベル20で改造して、全員キラキラにして、出撃したんだけども。途中大破したり、羅針盤に嫌われたりして、なんだかんだでボスまで辿りつけてないんだよね」
イノブン「そこは運がないんだな」
ケーケー「てなわけで、次回は3-2攻略を目指して頑張ります」
イノブン「え? このコーナー続くの?」
ケーケー「小説本編並に時間かかるから、やっぱりやらないかもしれない」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR