FC2ブログ

DESTINY~風野 息吹の運命~⑪

↓セーフですね。まだ2週間経ってませんもんね↓


「……え?」
 風野が驚きの声を漏らした。
 今、風野たちがやっているのは神経衰弱。その前に大富豪と七並べをやったが、大富豪では水原9勝、村本1勝、風野が全敗、七並べでは、水原が3勝、村本と風野が1勝ずつだった。そして、これはまだ神経衰弱の1回目なのだが……、
「……ここ3と、3で……10がここで、……Kがここで……」
「ええ!? ……なんでかおりんは3分の1ぐらい残ってたのに、6連続で当てるなんて……」
 残るは6枚。ここでさらに、水原は4の組を見つけた。すると……、
「……あとは知らないから2分の1だね」
「ええ!! これ全部覚えてたの!?」
「そりゃそうだろ、風野。そうでなきゃ、こんな奇跡みたいな技、何回もできないって」
「……これ、まだ1回目だけど? というか、ひょっとしてかおりんは、毎回こんなコンボをだすわけ?」
「コンボって……、ま、そのひょっとして、だよ。水原は毎回、わざと誰もめくってないところをめくっていくんだ。まあ、そこだけだと負けるから、ある程度はカードをとるけどさ。でも、そうすることで俺たちは今までめくったカードをしっかりと覚えることができなくなって、結局、めくったカードを全部覚えている水原が逆転勝利をするってわけだ」
「……これでずっとかおりんのターンになるってわけだね」
「ああ、その通りだな」
 村本の返答に対し、風野は少し不満そうな顔をみせるが、村本はそれにまったく気付かなかった。
 結局、水原は残り四枚のうち、2の組を見つけ出し、そして最後の二枚も手に入れた。
 そのあと、神経衰弱では勝負にならないということで、ババ抜きをやることにした。その結果は、風野が3勝、村本が2勝、そしてなぜか水原が全敗であった。


↑ちなみに、ここで風野が村本に対して不満そうな顔をしたのは、風野が漫画ネタをいったのに、村本に気付いてもらえなかったからです↑
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR