FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくよんじゅうごかいめ!

「陸地が見えてきたな」
 キュリアたちのいたトランズ島から飛び立ち、しばらくして謙次が言いました。
 キュリアたちの目的地は、キュリアの故郷、南エジプト第13帝国。今は周辺国と合併し、スーダンという国名に変わっています。
(作者:位置的には、地図帳にあるスーダンとほぼ同じ位置です)
 謙次の言葉に、キュリアはこう返します。
「あれはまだユーラシアだよ。目的地はアフリカ大陸にあるから、着くまでかなり時間がかかるね」
 なるほど。まだ時間がかかるんですね。
 ……では、今のうちに作者に聞いておくか。
(作者:え? 僕に?)
 243回目に、205人中135人が生き残った理由を聞いた時の、お前の答え方が妙だったからな。イノブンがこの物語の場面を異世界だと勘違いしていた時も、異世界という言葉に対してのみ、お前の返答が妙だった気がしたしな。
(作者:何が言いたいんだ?)
 ズバリ! この小説のルール、『作者は誤ったことを言ってはならない』というルールに引っかかるから、変な回答をしたんだろう!?
(作者:まぁ、その通りだね。正しく回答すると、まだ出す気のない設定に触れるし、かと言って偽ることができないから、そういう風に答えただけだよ)
 やはりか。だったら、イノブンが今一度質問し直そう!
(作者:え? いや、だからまだ出す気のない設定に触れるから、答えないって)
 まともに答える必要はない!
(作者:はい?)
 イエス・ノーで答えろ! これならその設定に触れることはないだろう!
(作者:……それもダメだね)
 ……どうしても無理か?
(作者:イノブンなら、ね)
 え?
(作者:今回の話題に関する読者の質問に、イエス・ノーで答えます! 質問方法は、ブログ記事のコメントから、もしくは、ホームページである『疾風の谷』のコメント欄から、送信可能です! 質問お待ちしております!!)
 ……露骨なコメント募集乙。
(作者:あ、ツイッターから送ってくれてもいいですよ!)
 ……どうせ誰も送らないのに。
 さて、そんなこと言っているうちに、
「だいたいこの位置だね」
 そう言って、キュリアは地に降り立ちました。
「ここが私の生まれ故郷だよ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR