FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくよんじゅうさんかいめ!

 謙次の言葉を聞き、キュリアは言葉を詰まらせます。
 キュリアが何かを言う前に、謙次は言います。
「俺があの時、キュリアじゃなくフェニックスに直接『テレパシー』で連絡していれば、こんなことにはならなかったはずだろ」
 そりゃそうだな。
(作者:そりゃそうですね)
 謙次は昨日の大量虐殺事件が起こる前、キュリアにそのことを伝えました。キュリアは急いで駆けつけましたが、その前に事件は起こってしまったのです。
「俺が判断を誤ったせいで、たくさんの人が死んでしまった」
 謙次はシリアス感全開の顔をして言いました。
 すると、フェニックスが、
「そうだね」
 一言、そう言いました。
 謙次は言います。
「お前、いつも思うけど、いままでそこにいなかったのに、ずっといたっぽい感をさりげなく出しながら言うのやめろよな」
「謙次……」
 キュリアは言います。
「謙次が悪いなら、私も悪いよ」
「え? どういうことだよ、キュリア」
「だって、謙次から『テレパシー』で連絡を受けてからすぐに、フェニックスに連絡していれば、こんなことは起こらなかったよ。私じゃどうにもできないことや、私が行っても間に合わなかったことは、謙次が『テレパシー』で伝えた情報から、察していたし」
 あ。
(作者:いやいや、『あ』じゃないって。キュリアは別に悪くないって)
 え? でも、フェニックスに連絡しなきゃいけないってこと、知ってたんでしょ?
(作者:いや、違うんだよ、イノブン。キュリアは謙次が伝えた言葉から、なんとなくそうかも的なことを察したけど、やっぱ違うかな、とも思っていたんだよ)
 そうなの? だったら、やっぱり謙次が悪いのか。
(作者:そういうことになりますね)
「ははっ。じゃあ、君らは共犯者だね」
 笑いながらそういうフェニックス。
「笑い事じゃねぇだろ!!」
 謙次はそう怒鳴りました。まあ、人がたくさん死んだんですからねぇ。
(作者:フェニックスが笑ったのは、キュリアは悪くないけど謙次の不安を和らげようとして言った事を、フェニックスが理解しているから。そして、フェニックスは謙次を責める気はないからです)
 え?
「そうかい? 別に笑っていけない理由はないと思うけどね」
「どういうことだよ!」
「どういうこと、というのはこちらのセリフだよ。確かに、君が僕に直接連絡すれば、死人はでなかった。君は判断を誤ったんだ」
 一呼吸置いて、フェニックスは続けます。
「でも、君は205人中135人を救ったんだよ」
「「え?」」
 キュリアと謙次は首を傾げます。
「知らなかったのかい? 村人は205人、だけど、そのうち135人はかろうじて生きてたから、僕が全回復呪文『リヴィル』で助けたんだ」
 そうだったの!? それだったら、あらかじめ書いておけよ、作者。
(作者:すみません。本来なら、記者会見で書いておく設定でしたね。とりあえず、記者会見では奇跡的にそのワードが出なかったということにしておいてください)
 ドジだなー、作者は。……にしても、よくそれだけ生き残れたよな。火の海になってたら、さすがに死者の方が多いと思うけど。どうしてそんな人数が生きてたんだ、作者。
(作者:……えーと)
 ま、まさか、考えていなかったとか?
(作者:違う)
 え? じゃあどういうことだよ。
(作者:……作者ポジは正しいことしか言えないし、今ネタばらししたくないからなぁ)
 なるほど。つまり、まだどうしてそんな人数が死ななかったのか、言えないわけだな。
(作者:……黙秘権を行使します)
 そうか。
(作者:勘違いする人がいるかもしれないので、改めて言っておきますが、村人205人中135人はこの現在生きています)
 ん? 何か引っかかるような言い方するなぁ。まぁ、いいけど。
「135人の命を助けた。君は悪いことをしたんじゃないんだ。確かに、205人全員助けることもできたかもしれない。その助けられた人数が減っただけで、君は誇るべきことをしていたんだよ。何も気に悩むことはないさ。むしろ、笑えばいい」
 そういうフェニックスですが、謙次は、
「でも、それは言い方を変えただけで……」
「言い方を変えただけだよ。でも、正しい言い方は僕の方じゃないかな? 君は人を救いはしたが、殺してはいない。だから、誇ってくれ。……もちろん、キュリアにも感謝してる。キュリアが謙次と力を合わせて、僕に情報を伝えてくれたおかげで、たくさんの人を助けられたんだからね!」
 その言葉を最後まで聞く前に、謙次は体をフェニックスたちから背けました。
 時々顔を腕で拭きながら、しばらくフェニックスたちのいる方とは違う方向を向いていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR