FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくさんじゅうろっかいめ!

ケーケー「ふと思ったんだけどさ」
イノブン「何?」
ケーケー「Twitter(@culia_kenji)の効果って、あったのかな?」
イノブン「うーん、Twitterやる前の閲覧者数とそんなに変わってない気がするけど、どうなんだろ」
ケーケー「そこで、みなさんにアンケート! 僕のTwitterアカウントからこの小説を知ってくれた読者の方は、@ツイートか何かして欲しいのです!」
イノブン「なるほど。それでTwitterの効果があったかどうかを調べようということだな! ちなみに、予想は?」
ケーケー「誰も協力してくれなくて0人ってところかな」
イノブン「おい。まあ、そんな気はするけどね」
ケーケー「むしろ僕だったら、絶対こういう人に協力しない」
イノブン「本末転倒な発言が来ましたよ!!」
ケーケー「だって、めんどくさいじゃん!」
イノブン「そのめんどくさいことを読者にやってもらうとか、どういう精神してるんだよお前は!!」
ケーケー「とまあ、そういうことなので、協力してくれる心優しい方は是非お願いします。あと、協力してくださらないのは想定済みですが、この小説飽きたとかそう思って離れていってしまうのだけは勘弁して下さいお願いしますなんでも言うこと聞きますから」
イノブン「必死だな」


↓ 本編 ↓
 無数の球体は、爆音とともにすべて消滅しました。
 青年はきちんと見ました。無数の球体がすべてフェニックスのいる場所に集まり、そこで爆発したのを。
「ハァ、ハァ、これで……」
 フェニックスを葬った。
 青年は今度こそ喜びに浸ります。世界一強い人(モンスター含む)を倒し、自らが最強となったことを。
 いえ、正確には、最強となったと勘違いして、喜んでいるわけですがね。
「……え?」
 青年は愕然とします。
「どうしたんだい? 何か嬉しいことでもあったの?」
 その声の主は、爆風の中にいました。
「自分自身の公開処刑だというのに……」
 その声の主は、フェニックスに飛んで行った無数の球体と同じように、光り輝いていました。
「愉快な奴だよ。愉快犯という名がよく似合うかもね」
「お前、どうやってアレをくぐり抜けたんだ!? あの無数の球体を!!」
 青年は驚き、光り輝くマスコットみたいなモンスターに怒鳴り散らしました。
『キュリア! もしかしてアレ、フェニックス?』
『そうだよ謙次。あれはフェニックスのバージョン3。バージョン3だから、ただでさえ強すぎるフェニックスの身体能力の6倍の身体能力を持ってるんだよ』
『6倍!?』
 復習です。バージョン2は身体能力が2倍になる特殊能力です。身体能力が2倍になるというのは、簡単に言えば握力40kgの人が握力80kgになるということ。全身の筋力が通常時の2倍の力を発揮するのです。
 バージョン3は、バージョン2の時の3倍の身体能力、すなわち、通常時の6倍の身体能力を発揮できる特殊能力です。
 青年は叫びます。
「あの球体はお前を目掛けて光速で飛んでいくんだ!! いくらお前が光の速さで動けるからといって、無数のホーミング弾がお前と同じスピードで飛んできたら避けきれるはずが」
「6分の1だよ」
「……は?」
「バージョン変化すれば、身体能力と同様に、魔法の威力・効力も変化する。僕の移動スピードも、バージョン3によって6倍に変化しているのさ」
「……なん、だと!?」
 つまりこういうことです。フェニックスが無数の球体に囲まれそうになったその時、バージョン3に変身して素早くホーミング弾をくぐり抜けたのです。フェニックスの急な行動にホーミング弾は付いていけず、ホーミング弾同士で誘爆したのです。
「さて、じゃあそろそろ君の公開処刑もクライマックスと行こうじゃないか」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR