FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくさんじゅうにかいめ!

 一方その頃、現在進行形で火の海になっている村の上空にて、
「ハハ……! 見ろ! 人がゴミのようだ!!」
 そう言って喜んでいる青年がいました。『見ろ』とか言ってるくせに、独り言だということには触れないでおきましょう。
(作者:あと、どこかで聞いたことのあるセリフだということにも触れないでください。今のセリフが聞き覚えのないセリフだなと思った方は、そのままスルーしていただいて結構です)
 この村が火の海になったのは、今さっきのことです。青年が何か魔法を使い、この村を火の海にしたのです。
(作者:今青年が使ったのは、正確には、魔法じゃなくて『呪文』です。)
 あれ? そうだったんだ。今まで呪文はほとんど出てなかったから、忘れてたよ。
 えーと、呪文の設定は、……あった! 202回目です。
(作者:イノブンが自分で説明してるじゃないか。呪文についてめちゃくちゃ詳しく)
 ああ。あれはカンペをガン見して説明してただけだよ。
(作者:カンペ!? え!? この地の文って、そういうシステムなの!?)
 202回目によれば、イノブンこんな説明もしてましたね。
『もう1つ、呪文が魔法と異なる点があります。それは、その難しさゆえ、効力が一般的な魔法と桁違いな点にあります。魔法では、怪我を治す、火を出す、そういったものが、呪文では、体力を全回復する、あたり一面を一瞬で火の海にする、そういったものになります』
 あたり一面を一瞬で火の海にする呪文があるって、自分で言ってましたね。
 呪文は魔法と比べて扱いが非常に難しい(202回目参照)から、この青年はそこそこ強いということなのでしょうね。
(作者:前回で、キュリアよりも強いという設定がすでに出てますしね)
 村を燃やし、満足したところで、青年はあたりを見渡しました。すると、青年は黄色い何かを見つけてニヤリと笑いました。
「やはり来たか、フェニックス」
 青年が見つけた黄色い何か、……フェニックスは目が笑っていない感じの笑顔で言います。
「もちろん。悪い子には、お仕置きをしなくちゃ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR