FC2ブログ

DESTINY~風野 息吹の運命~⑦

 さて、一週間ちょいか。
 えー、だいぶ不定期&ペースダウン傾向ですみません。多分、2週間おきにみると更新されてると思うので、そのつもりでノシ
 え? そんな無責任なこと言うなって? だって持病があるんだからしょうがないでしょう。
 ……すみません、調子こきすぎました。がんばってペースを上げていくように努力します。
↓というわけで、すんごく短いけど更新↓


冬休みが終わった。退屈な始業式も終わり、水原は、その友達の毬子[まりこ]とれいと一緒に、教室に戻った。
 3人は教室で雑談していたが、すぐに教師が戻ってきた。しかも、教師の後ろには、今までこのクラスにいなかった、この学校の制服を着た少女が1人、ついていた。
「はい、みなさん席について静かにしてください! はい、じゃあホームルームを始めます。みなさんもうお気づきだと思いますが、今日からこのクラスでみなさんと一緒に勉強する仲間が1人増えました。紹介します、転校生の風野 息吹さんです!」
「よ、よろしくお願いします」
 やや緊張気味に、風野は言った。
 教師は黒板に『風野 息吹』と書いて、言った。
「では、みなさん。何か風野さんに質問はありますか? ないですね」
 ちなみに、今のセリフの『ありますか? ないですね』の間には0.5秒だった。
 そのあと、教師は各自冬休みの宿題を集めさせ、次の授業が始まるまでかなりの猶予があるのにもかかわらず、早々と教室から出ていった。
 また、余談だが、教師が風野を紹介している間も、生徒は自分の席に向かって移動中であった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR