FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくろっかいめ!

※この回は月曜更新分です。


ケーケー「なごやんぷよの初中級者大会で、見事4位以内に入れたぜ」
イノブン「おお!」
ケーケー「5人中な」
イノブン「あっ(察し)」
ケーケー「ぷよぷよが好きな人は、ぜひ『なごやんぷよの会』主催の対戦会・大会に参加しましょう! まあ、定期的に来れる人は愛知県とその周辺県民の方に限られると思いますが」
イノブン「でも、みんな強いんでしょ?」
ケーケー「強い人はね。でも、強い人が出れない『初中級者対戦会』というものもありますので、ご安心を。僕なんか、鍵積みしか使えませんし」
イノブン「鍵積み?」
ケーケー「そういう連鎖の組み方。とりあえず、階段または鍵が使えて、折り返しをマスターした方は是非来てみてください。もちろん、GTRしか使えないという方は全然問題ないです」
イノブン「用語がわからん」
ケーケー「そういう方はオススメはしません。みんなだいたい9連鎖ぐらい打ってきます。そういう方は、来てもらう分には全く問題ありませんが、多分勝てないです。『勝てなくてもいいもん!』という方なら歓迎しますが」
イノブン「なるほど。でも、ひとつお前に言わせてくれ」
ケーケー「何?」
イノブン「宣伝乙」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


(壁があるから『ブラッディレイ』は効かない。『グレイヴスラッシャー』を使えば、壁を巻き込んで破壊され、私に反撃が襲いかかる)
 キュリアはもう手詰まりなのでしょうか?
「だったら、『ブラックトルネード』!!」
 いえ、まだこの魔法がありました!
 アテラスの足元で、漆黒の風が渦巻きます。そしてすぐに、その風は大きな竜巻へと変化しました。
(この魔法なら、壁に邪魔されず、アテラスを直接狙うことができる! これでどうだ!?)
 しかし、そんなキュリアの期待はすぐに打ち砕かれました。なんと、竜巻がヘドロの壁を巻き込み、重みのためか止まってしまったのです。竜巻と似た形状のヘドロを残して。
 そして、そのヘドロはキュリアに向かって飛んできました。さすがに飛んでくることは予想できていたようで、キュリアは上手くそれを避けることができました。
 さて、キュリアが最近使っていた魔法はすべて出尽くしました。
 キュリアは他にいい手がないか、考えます。しかし、考えている最中に地面からヘドロが襲ってきたり、
「『ブラッディブラスター』!!」
 アテラス自身が魔法で攻撃してきたりして、ちゃんと考える時間が作れません。
(このままじゃ、いずれヘドロに飲み込まれて負けてしまう!)
 そう考えたキュリアは、ある結論にいたりました。
「仕方がない、奥の手を使おう」




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR