FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくさんかいめ!

※この回は金曜更新分です。


イノブン「また翌日更新か」
ケーケー「だって、昨日は割と忙しかったし、疲れたから」
イノブン「先週もそうじゃなかったか?」
ケーケー「……せ、先週も」
イノブン「おいこら」
ケーケー「いいじゃん! 更新日時は、前日0時から翌日24時までの72時間だって言ってあるんだから!」
(※初めて聞いた人、ごめんなさい)
イノブン「実際それって、すごい不安定なんだけどな」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「『ダークドーム』!!」
 キュリアはまず、『ダークドーム』を使いました。
 あたり一面が真っ暗になります。『ダークドーム』が使われた空間は、光が全くと言っていいほど入らない空間になるので、イノブンの目には何も見えません。間違いなく、読者のみなさまの目にも、何も映らないでしょう。
 しかし、キュリアの目には、『ダークドーム』内がどうなっているのかが、普通の明るさではっきりと見えているのです。なぜなら、キュリアは『どんなに暗くても明るくても、普通の明るさで見える』能力を持っているからです。
 キュリアはその空間の中で速やかに移動し、『ブラッディレイ』を放ちます。
 『ブラッディレイ』は赤いレーザーを放つ魔法です。狭い範囲にしか攻撃できませんが、そのスピードは光の速さです。なので、この魔法を回避したければ、この魔法が使われる前に回避行動を取らなければなりません。
 アテラスは『ダークドーム』のせいで、キュリアの行動が読めないはずです。
勝ったッ! 第3部完!
(作者:え? 第3部?)
 しかし、これで勝てたかと思いきや、アテラスは『ブラッディレイ』をきちんと避けていました。
 もちろん、『ブラッディレイ』が放たれてから避けたのではありません。そんなことができるのは、光の速さで動けるフェニックスぐらいです。
 アテラスは、『ブラッディレイ』が放たれる前に避けたのです。しかし、『ダークドーム』のせいで真っ暗になっているこのフィールドが見えていないと、そんなことはできないはず……。
「魔力を無駄にしたわね、ジェノサイド!」
 ……まさか。
「残念ながら、私の目にあなたの姿が映らなくとも、この『部屋』があなたの位置、あなたの行動を私に教えてくれるのよ!!」
 つまり、『ダークドーム』は無駄打ちに終わった、ということですね。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR